【世界を救う絵本】浅井健一の歌詞が絵本に『ベイビーレボリューション』がおすすめ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

最近キャンプデビューした初心者キャンパーのマーボです。

 

FM福岡の「ラジ☆ゴン」の「ちょっこれ」というコーナーで紹介されていました。

 

元「BLANKEY JET CITY」の「浅井健一(あさいけんいち)」さんが

2005年に「SHERBETS」時代に発表した楽曲「Baby Revolution」が

 

「ベイビーレボリューション」として絵本化されました!!

 

絵は青森県弘前市(ひろさきし)出身の芸術家「奈良美智(ならよしとも)」さんです!

 

「浅井健一」さんが書いた歌詞を何一ついじることなく

そこに「奈良美智」さんが絵を付けた作品になっています。

 

ストーリー

 

ストーリー

 

ある日突然、世界中の「ベイビー(赤ちゃん)」がはいはいで外に飛び出します。

野を越え山を越えて、

戦争地帯にも踏み込んでいってお構いなしに、はいはいして進みます。

そうやって「ベイビー」がどんどん増えていくうちに

みんなの憎しみを消してやがて世界を変えていく!

 

この絵本の主役はもちろん「ベイビー」です。

びっくりする大人達ををしり目に、「平和と愛のメッセンジャー」が

いつの間にか、3万人~30万人になりさらに300万人~3000万人

最後は30億人もの「ベイビー」が集まって地球上をはいはいしていくという物語です。

 

なぜ絵本になったの?

 

疑問

 

もともと2005年に「SHERBETS」で作った「Baby Revolution」がなんで絵本になったかというと

クレヨンハウス」という絵本を出している会社が「Baby Revolution」の歌詞が素晴らしく

絵本になると思い

浅井健一」さんに絵本にしませんかと持ち掛けたみたいです。

「浅井健一」さんも「Baby Revolution」はとてもお気に入りの一曲でオッケーし絵本づくりが始まりました。

なんと

この一冊の絵本が出来るまでに、2年の歳月が掛かってます!

なぜかというと、30億人の「ベイビー」の表現が、どうやったら一番伝わるのか悩んだみたいです。

元は音楽なので、歌詞を聞いた人が頭の中で想像するものを実際に絵にするのは難しいですよね。

そこで昔から「浅井健一」さんと仲が良かった「奈良美智」さんに絵をお願いして

最高にかっくよく、可愛い「ベイビーレボリューション」が完成したみたいです!

 

感想

 

「浅井健一」さんを知っている人はもちろん、知らない人にも読んでもらいたい一冊です。

 

この絵本は、子供から大人まで、どんなジャンルが好きな人にも

きっと響くものがあると思います!

 

「浅井健一」さんに

「ベイビーレボリューション」はこれまで浅井さんが訴えかけてきた層とは違う人たちにも届きそうですね。と聞くと

「そうあってほしい。俺や奈良さんがどういう人かなんてまるで意味のないことだから。大人はもちろんだけど、すべての子どもにこの物語を知ってもらいたい。そしたら奇跡が起こるかもしれない。かわいい奇跡がね(笑)。」

と答えてました!

やっぱカッコイイです!!



この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.