【選手生命が断たれる】ドーピングによる体の変化。信頼できる薬・サプリの選び方

WRITER
 
拘束
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

ドーピングってどんなイメージがありますか

 

「薬の力で、体の能力を高める?」

「スポーツ選手は記録が伸びる?」

「ずるい手段?」

 

ドーピングに関して最近の話題だと「ロシアの陸上競技選手」とその「関係者」が

組織的なドーピング投与を行っていたっていうニュースもありましたね。

 

何となく危険なんだろなーと思ってました

 

ではドーピングをすると体にどんな変化があるのか?

ドーピングにならない「信頼できる物」の見分け方を調べてみました。

 

ドーピングとは何なのか

採れない

 

【ドーピングとは】

世界ドーピング防止規定(WADA)に禁止されている「薬物」などを使って、競技能力を高める行為

また、その行為を隠す事も含めて「ドーピング」と呼びます

 

「ドーピング防止規則違反になる行為」

  1. ドーピング検査時に「禁止物質」が身体の中に存在している
  2. 「禁止物質」・「禁止方法」を使用する事、またはその使用を企てる事
  3. 検査を「拒否」「回避」する事
  4. 競技会外検査に関する義務に違反する事
  5. ドーピング検査の一部を不当に改変する事
  6. 禁止物質・禁止方法を保有する事
  7. 禁止物質・禁止方法の不正取引を実行する事
  8. アスリートに対して禁止物質・禁止方法を「投与」「使用」する事

 

マーボ
マーボ

ドーピングをすると、スポーツがスポーツとして成り立たなくなる。

色んな人を裏切る行為。

 

 

違反するとどうなるのか

拘束

  • アスリートの競技会の成績取り消し
  • スポーツ活動が一定期間出来なくなる
  • チームで複数人の違反者が出た場合は、チーム全体に関して制裁が科せられる

 

ドーピングが禁止な訳

 

1、スポーツの価値を損うため

ドーピングは、社会的信用を失い、競技の楽しみや厳しさを奪い、結果としてスポーツの価値を損なうことになる

 

2,フェアプレイの精神に反するため

ドーピングは、経済的な理由などで使える人が限られるため「公平」では無い。

また、フェアプレイの精神の1つである、ルールを守るという事に反する行為になる。

スポーツは統一したルールのもと、公平に競い合うものです

 

3、健康を害するため

ドーピングは、使用者の身体や精神に重い副作用を起こす可能性があります。

競技者等の安全や健康を守るためにもドーピングは禁止されている。

 

4、反社会的行為

社会や青少年に悪影響を及ぼす。

選手がドーピングに手を染めていれば、ドーピングしてもイイっていう風潮が蔓延してしまうから。

 

ドーピングすると体にどんな変化が起きるのか

 

アルコール

  • 短期間で筋肉量が増量
  • 持久力を強化
  • 神経の伝達速度が上がる
  • 赤血球の酸素格納量が増える
  • 血液中の炭酸ガスの排出速度を上げる

 

マーボ
マーボ

化学物質の力によって、様々な能力を向上させる。

激しいトレーニングをしても早く回復できるようになる。 

 

【副作用】

「アナボリック・ステロイド」を使用した場合の例

 

マーボ
マーボ

男性ホルモンを利用し筋肉増強などの目的で使われます

 

「ニキビ」・「高血圧」・「脱毛症」といった副作用が男性と女性の両方に認められています。

それから、女性がのむと男性に、男性がのむと女性になっていってしまいます。

【女性の場合】

 

  • 顔の毛が濃くなる、
  • 声が低くなる
  • 生理不順や生理が止まったりする。
  • 体が男性らしくなる

 

【男性の場合】

 

  • 男性ホルモンが減り胸が大きくなる
  • 睾丸縮小になる
  • 精子が減少する
  • 前立腺ガンになりやすくなる

 

 

過去にはドーピングによって、ホルモンバランスが異常をおこし

女性として生活することが困難になり

性転換手術して男性になったアスリート(アンドレアス・クリーガー)もいます。

 

 

男女どちらとも「生殖機能が低下」します。

そのほかにも「心臓」をふくむ大事な臓器を破壊します。

過去ドーピング経験のあるアスリートの中には副作用で「早死」をしたり、

「脳に障害」をもったり、身体の一部、手足を失ったりしています。

 

 

マーボ
マーボ

心臓疾患や糖尿病などに苦しんでいるケースもあります

 

ドーピングにならない安全な「薬」「サプリメント」の判断の仕方

 

サプリ

 

病院で処方される薬や、薬局で手軽に買える

「風邪薬」「花粉症」の薬にも禁止物質が含まれている物があります。

 

マーボ
マーボ

「塗り薬」・「目薬」にも禁止物質が含まれている事があります。

 

どうやって判断したらいいのか分からない……。

 

そんな時には「身近なスポーツファーマシスト」に相談しましょう。

 

「スポーツファーマシスト」とは

 

最新のアンチドーピングに関する知識を持っていて

薬の正しい使い方を相談できる薬剤師です。

 

身近な「スポーツファーマシスト」の検索はコチラ↓↓

 

 

まとめ

持っていくもの

 

【ドーピングとは】

  • 禁止薬物を使って身体能力を向上させる行為
  • このことを隠そうとする事

 

【ドーピングがダメな理由】

  • スポーツの価値を損なう
  • フェアプレー精神に反する
  • 健康を害する
  • 反社会的行為

 

【ドーピングによる副作用】

  • ニキビ
  • 高血圧
  • 脱毛症
  • 生殖機能の低下
  • ホルモンバランスの異常
  • 大事な臓器を破壊
  • 脳への障害

 

【安全な「薬」「サプリメント」の選び方】

  • 「スポーツファーマシスト」に相談

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.