【飲食店向け】退職するときのポイント5選!賢く辞めるタイミング・考え方などのまとめ

WRITER
 
給料
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

最近キャンプデビューした初心者キャンパーのマーボです。

 

昔、飲食店で働いていたことがあります。

 

仕事を辞める時に、気をつけるポイントが「5つ」あったので、

シンプルにまとめてみました。

 

賢く、要領よく円満に仕事を辞めましょう!

 

マーボ
マーボ

仕事を辞めたくても、辞められないのは苦しいですよね。
悩みは早めに解決して、早く楽になりましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

~その1~「給料の絞め日を考える」

 

給料

 

飲食店で多いのが、給料「20日絞め25日払い」だと思います。

 

しかも、自分が働いていたところは「給料手渡し」でした!

 

20日絞めなので、20日に辞めて25日に、給料を受け取るのがシンプルです。

 

しかし!

 

社会保険」の事を考えると、月末まで働いた方が保険料を多く払わずに済みます!

 

どういう事かというと、

 

働いている時は、会社が「社会保険」の半額を支払う義務があります。

 

そして

 

社会保険のルールとして

 

1、「退職日」の翌日が社会保険の「資格喪失日」になる。

(例)

  • 3月20日で「退職」した人の「資格喪失日」は3月21日。
  • 月末3月31日に「退職」した人の「資格喪失日」は来月4月1日。

 

 

2、「資格喪失日」が存在する月の保険料は算定しない。

(例)

  • 3月20日に「退職」した人は、3月分の保険料を全額自腹で支払になる。
  • 3月31日に「退職」した人は、3月分の保険料の半額は会社が支払う。

 

っていう事です。

 

10日程度多く働くだけで、保険料の支払いが変わってきます。

※21日~31日分の給料は翌月の25日受け取りになるのが少し面倒ですが。

 

【つまりこういう事】

 

  • 社会保険の支払いの事を考えると「月末」に辞めた方がお得。
  • 給料手渡しの場合は、翌月25日に給料を取りにいかないといけない

 

~その2~いつ?誰に?辞めたいと伝えるのが正解なのか

 

会社によって、退職の意志を伝えないといけない期間は変わってくると思います。

特に、飲食店みたいな、特殊な職業だと早いに越したことはありません。

一般的な会社の場合だと「3カ月~1カ月前まで」と言われているみたいですが

飲食店の「社員」場合は「1年~半年前まで」な感じもします。

 

ちなみに自分は「1年半前」に伝えました。

 

伝える人については、直の先輩ではなく「オーナー」です。

「オーナー」っていう役職の人がいない場合だと、その店で一番偉い人です。

 

それが一番シンプルです。

【つまりこういう事】

  • なるべく早めに、お店で一番偉い人に「辞めたい」と伝える

 

~その3~「辞めた後に必要な書類がある」

 

書類

 

仕事を辞めた後に「役所」で手続きする時に、必要な書類があります。

 

必要な書類

 

  • 「健康保険等資格喪失証明書」
  • 「離職票」

 

この書類を「退職」してなるべく早いタイミングでもらえるように、声を掛けておきましょう。

 

必要な書類をもらうためには、個人経営の飲食店であっても、「退職届」が必要です。

準備しておきましょう。

 

【つまりこういう事】

  • 「退職届」を準備しておく。
  • 「健康保険等資格喪失証明書」「離職票」が役所の手続きで必要になる。

 

~その4~「辞めた後の事は考えない」

 

考える

 

仕事を辞めたくても辞めれない原因の一つとして、

 

「自分がいなくなったら、他の人の仕事の負担が大きくなるんじゃ……。」

「自分がいなくなるとお店がまわらないんじゃ……。」

 

って考える人がいると思いますが

 

そんな事は無いです!

 

人が一人抜けてもお店は回ります!

 

そんなこと考えていたら一生辞めれません!

 

【つまりこういう事】

  • 辞めた後のお店の事は、お店に残った人がどうにかする。
  • 辞めた後のお店の事は考えない。

 

~その5~「なるべくお店に迷惑かけないように心掛ける」

 

歯車

 

固い意志を持って「辞める」と決めたら「初志貫徹」です!

たとえ引き止められても自分の意見を押し通しましょう。

 

「辞めたい」と上司に伝えた瞬間から、上司からの見られ方は今までと変わります。

 

しかし

 

当たり前ですが「退職日」が来るまでは会社の社員です。

 

その後も今まで通りしっかりと仕事をして、仕事の引継ぎなどはしっかり行いましょう。

 

また、お店に借りていて、返すものがあれば忘れずに返しましょう。

 

と、まぁこれが理想的な辞め方ですね。

 

しかし!

色んな職場があり、色んな上司がいると思います!

 

「上司と顔を合わせたくない」

「辞めたいと伝えたが、引き止められる」

「辞めたいと言えない雰囲気」

「両親や家族に知られずに退職したい」

など、こんな事で悩んでいる人は「退職代行サービス」を利用するのもありだと思います。

 

簡単に言うと

退職代行サービス」にLINEで相談して、自分の代わりに「会社」に伝えてもらう。

 

このサービスを使うと、依頼した当日から「会社」に行く必要が無くなります。

料金はかかりますが、その分嫌な思いをすることはなくなります。

※会社への返却物なんかも郵送で送ってくれるし、必要なら会社からの連絡も来ないように手配してくれます。

 

ちなみに「退職代行サービス」を使った退職率は100%になっています。

 

 

【つまりこういう事】

  • 辞めると決めたら考えを変えない。
  • 最後の日までしっかり働く。
  • 引き継ぎはしっかりする。
  • 借りていたものは返す。
  • 辞めにくい場合は「退職代行サービス」を活用する

 

まとめ

 

仕事を辞める時は

辞めた後に必要になる物を予習しておき、スマートに退職しましょう。

 

「人生一度きりです」

 

自分のやりたいようにやりましょう!

 

辞めたいのに辞めれない……辞めさせてくれない……。そんなのは時間の無駄ですよ!

悩んでいると、精神的に心が苦しくなります。

 

早く解決して楽になりましょう!

 

 

専門だから確実【男の退職代行】

 

 

 









この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.