【体験談】社員で10年働いた飲食店を退職。辞めたいのに辞められない理由と未来へのアドバイス

WRITER
 
別れ
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

 

自分はこの前、飲食店を退職しました。

その理由と、退職までの流れ・それと、これから飲食店の退職を考えている人への

アドバイスについて書いてみました。

 

 

最近キャンプデビューした

初心者キャンパーのマーボです。

 

飲食店に限らず、いま様々な職業で

「転職」

を考えている人は沢山いると思います。

 

しかし

 

「辞める決断が出来ない」

「行動に移せない」

「今やめても大丈夫なのか?と考えてしまう」

 

と悩んでいませんか?

 

少し話は変わりますが、

飲食店という業種は、基本的に勤続年数は短い職業だと思います。

 

3~4年同じところに勤めたらベテラン扱いだし。

修行なので、次々に他のお店に移るイメージがあります。

 

 

自分の場合は

「23歳」から就職した飲食店の会社を

「34歳」で辞めました。

 

つまり、約10年間同じ飲食店に勤めていました。

 

 

普通に考えると

「超ベテラン」でしたが

辞めようと決断してから、実際に退職するまで

1年以上かかりました。

 

その原因にはやはり

「辞める決断が出来ない」

「行動に移せない」

「今やめても大丈夫なのか?と考えてしまう」

という考えがあったんだと思います。

 

 

では、

なぜそんなに長く、

同じところで働いたのかその理由と

退職を決意した理由についてまとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

会社の説明

 

40年以上前からある「名店」と言われるお店です。

 

元々は家族経営の飲食店でしたが、

人手不足で

数人の従業員と

アルバイトが数人いました。

 

自分が就職した時は、

家族4人(父、母、息子、娘)

※家族4人の中の父がこの店のオーナーです。

従業員3人

アルバイト3人体制でした。

 

 

 

夜中心のお店で、営業時間は

「17:30~24:00」まででした。

 

 

それから片付けや掃除があるので、

帰宅するのは

平均「25:30(深夜1時半)」ぐらい

 

出勤時間は特に決まっておらず

 

「営業時間より前に、自分の仕込みを終わらせられる時間」

 

でした。

まぁ暗黙の了解的な感じで、年功序列……。

 

自分は就職したての時は

「13:00」位には出勤してました。

 

 

つまり仕事場にいる時間は

1日約「12時間」程度でした。

 

 

休みは週に1日だったので

1週間の仕事場にいる時間は「72時間」

 

 

月で考えると

「290時間」位です。

 

飲食店では普通(恵まれている方)です。

 

就職した経緯

 

 

もともとこの飲食店では、専門学生の時に

「アルバイト」をしていたことがありました。

 

そして、数年後に「息子」から直接連絡があり

 

「現在の店長が【独立】することが決まって、人手が足りないからウチに就職しないか?」

※その時の店長がお店を辞めた後は「息子」が店長になった。

 

 

という事で、

そのお店の事が好きだったし、

料理にも興味があったので、

特に何も考えずに就職が決まりました。

 

就職してから

 

 

就職してから、自分なりに一生懸命働いたと思います。

 

仕込みを終わらせる時間も早くなったし、

お店での様々なトラブルを経験し、

対処法なんかも身についた。

 

「アルバイト」との年齢も社員の中で、1番自分が近かったから、

「アルバイト」の意見を聞いて

どうすれば「アルバイト」が働きやすくなるのかも考え指示をだし、

お店を効率的に回す事を考えて仕事をしていました。

 

 

社員同士でも、

なるべくコミュニケーションを取ろうと、

頑張って先輩や店長(息子)にも声を掛けるようにしていた。

 

飲食店での仕事は、自分のためではなく

「会社のため」

「他の従業員のため」

何より「お客さん」のための仕事です。

 

 

1番上の先輩は、

後輩の面倒見がよくて、頻繁に飲みに連れて行ってくれていました。

 

飲みの席でも

「仕事の事」「職場の人間関係の事」

など割と腹を割って話をしてくれ、自分の相談にものってくれていました。

 

その1番上の先輩からは

「積極的に人の仕事を奪い、年上の人を少しでも楽にするのが仕事であり、修行だ。」

と教えられました。

 

沢山の経験をしておくことは、将来自分が「独立」したときに、役に立つことばかりだとも言われました。

 

辞める時は「独立・開業」という風習

 

これも飲食店で働いている人では、よくある意見だと思います。

 

自分の1番上の先輩も「独立」で退社しました。

 

当然、もう1人いた先輩も自分も

「独立」して自分の店を持って、

この店を辞めていくんだと思っていました。

 

 

お店側の考えかたも

 

「辞めるときは独立」

「お店のレシピは門外不出」

 

という考えでした。

 

自分が退職を決めた理由

 

これはズバリ「子供」です。

 

もちろん自分のお店を出す

「独立」も考えていましたが、

考えが変わりました。

その理由は後の項目で説明します。

 

 

結婚して男の子が産まれ、一緒に過ごせる時間を確保するために退職しました。

 

 

とくに夜メインの飲食店で働いていると、

子供との生活はすれ違いになってしまいます。

 

 

仕事から帰ってきた時には、息子は寝ていて

 

一緒に過ごせるのは、

朝、保育園に送っていく時(30分)

保育園が休みの日の午前中(5時間程度)。

 

それと、週に1回ある自分の休みの日(12時間程度)だけです。

 

時間にすると月で「76時間」程度。

 

仕事場にいる時間は「290時間

 

なんと

 

子供と過ごす時間の約3.8倍仕事していました。

 

男の子は

一緒にいてくれる時期が限られているので、

小さいうちになるべく一緒にいたいという考えで

「退職」しました。

 

 

辞められない理由 「次の予定が決まっていない・決められない」

 

 

飲食店で働いている人の、

辞められない理由第1位は

 

「次の予定や計画が具体的に決まっていない」

 

だと思います。

 

つまり、自分の場合だと

 

「独立を決められないでいた、独立するための具体的な計画が無かった」

 

という事です。

 

では、なぜ独立を決められなかったのか?

 

その1~実際に独立した人がうまくいっていなかった。

 

実際に独立した人の話を聞いた時に、

うまくいっていないという話が多かったです。

 

これは、人のせいにしているみたいに聞こえますが、

今から

「独立」をって考えている自分からしたら、

一歩踏み出せない理由の1つになりました。

 

 

不動産に行き、

物件を探したりはしていましたが、

ついつい「不景気」を理由に、

先延ばしにしてしまいました。

 

その2~雇われている方が楽

 

仕事をしていると確かに

つらい事

苦しい事は沢山ありますが

人はどんな状況にも慣れてしまいます。

 

特に同じ職場に長くいると

 

毎日決まった事をしていればオッケーです。

 

ミスをしなければオッケーです。

 

それで、毎月決まった給料をもらえます。

 

お店から、自分をクビにすることは100%ありません。

 

会社が良くなる方法などは

一応考えますが、

あくまでも従業員なので、責任はオーナーほどありません。

 

辞められない理由 「責任感が強すぎる」

 

 

「仕事に対して、自分がやらねばと責任感が強すぎる」

 

「人に仕事を頼めない人」

「頼みたくないっていう人」

 

は要注意です。

 

仕込みをする人が決まっている

 

飲食店では毎日仕込みをします。

その仕込みも

 

「この仕込みはAさんの仕事」

「この仕込みはBさんの仕事」

「この仕込みはCさんの仕事」

 

と決まっています。

 

責任感が強い人は

 

「自分の仕込みは、他の人にはさせたくない」

 

「責任を持って仕事を終わらせたい」

 

と思ってしまいます。

 

つまり

「自分が1番うまく仕込める」

 

と思っているので、自分が辞めたら商品のクオリティーが下がってしまうと感じてしまいます。

 

特に、飲食店で働いている人は

「変わり者」「こだわりが強い人」

が多いので厄介です。

 

辞められない理由~上司がいい顔をしない

 

 

「自分が辞めることに対して、上司がいい顔をしない。」

っていうのも大きな原因だと思います。

 

特に働いている期間が、長ければ長いほど、

上司からの信頼感?支配感?

が増す気がします。

 

確かに従業員が1人抜けると、

その代わりを探すのには

「時間」「費用」

が掛かる事も知っています。

 

上司とコミュニケーションがない

 

やはり人間なので人として

「合う」・「合わない」

があるとは思います。

 

特に、上司(店長)という存在は従業員にとって嫌な存在です。

※従業員に好かれている・尊敬されている「店長」も沢山います。

 

「仕事以外の話はしない」

 

「話しかけられたくない」

 

「人の悪口しか言わない」

 

こんな上司が多いみたいです。

 

普段から会話やコミュニケーションが無いと、

自分の意見を伝える

キッカケから作らないといけないので面倒くさいですね。

 

気持ちを伝えた後も

 

「嫌な事を言われたりするかも」

「退職を認めてくれずに、引き止められたりするかも」

 

と色々考えてしまい、

なかなか行動に移せないって事になります。

 

 

自分の場合は

「店長」とのコミュニケーションは全くありませんでした。

 

3年ぐらいは会話無し。

 

「店長」からしても、自分は話しかけにくい存在だったんだと思います。

 

こんな状況だと「辞めたい」と伝えるのも一苦労になりますね。

 

退職を決断したキッカケ

ジャンヌダルク

妻も自分の

「仕事を辞めたい」

っていう気持ちには、気づいてくれていて

 

上で説明した、仕事を「辞められない理由」や、

「職場での感じ」もすべて理解してくれていました。

 

妻から言われた一言

 

「自分の店を持ちたいなら協力するけど、

迷っているんなら、今すぐじゃなくてもいいんじゃない?

他に仕事はいくらでもあるよ」

 

 

と言ってくれました。

 

何より、自分が飲食店で働いている姿を見たときに

「楽しくなさそう」

と感じていたみたいです。

 

背中を押してくれた妻には、感謝しかありません。

 

飲食以外の仕事

 

元々妻は「小さなお菓子屋さん」を経営していて自営業でした。

 

それと

「在宅ワーク」「フリーランス」

の勉強をしていて、自分にもそれを進めてくれました。

 

自分は

「退職」=「独立」

という考えしかなかったので、

一気に道が開けた感じがしました。

 

夫婦二人ともが自営業になるのは

不安定なことだと思いましたが

妻が

「ウチは大黒柱1本じゃなく中黒柱2本でやっていこう」

と言ってくれました。

 

店長に辞めたいと伝える

 

店長に辞めたいと伝える前に、

この店の「オーナー」である店長の父親に、退職したいと伝えました。

 

「オーナー」は理解のある人で、とても社員想いの人なので、第1に辞めた後の自分の家族の事を心配してくれました。

 

そして、退職したいと思った理由を説明すると、しっかり自分の気持ちをしっかり理解してくれました。

 

その後に「店長」にも辞めたいと言いに行きました。

「オーナー」が認めてくれたと伝えると、話がスムーズに進みました。

 

 

辞める時期について

 

会社を辞める事は決まったんですが、

自分はこの会社が嫌いになったわけではなかったし、

会社には恩を感じていました。

 

なので、

辞めた後になるべく迷惑がかからないようにしときたいと思い

仕事の「引き継ぎ」

自分がいなくなった後の

「社員を募集する時間」などを考えて、

退職するのは、辞めると伝えた日から

「1年後」

にしました。

 

これから退職したいと思っている人へのアドバイス

 

 

辞める理由は人それぞれだと思いますが、

辞めたいと思ったら

すぐに辞めたほうがいいと思います。

 

「辞めたいなぁ」「嫌だなぁ」

と思いながら働いても、

なんのプラスにもなりません。

 

 

辞めたいのに辞められない原因がある

っていう人の

解決法は沢山あります。

 

自分の場合は妻が教えてくれました。

 

世の中にはまだまだ知らない色んな仕事があります。

 

もし1人で悩んでいる人は

退職代行サービス

っていうものもあるので利用してみるのもいいと思います。

業界最安値の退職代行サービス↓↓

 

 

 

ついつい飲食店で働いていると、

「自分は飲食店で働いているんだ、辞める時は独立だ!」

と頭が固くなり、

自分の可能性を減らしてしまう事があります。

 

自分にとって1番大事な物は何ですか?

勇気をもって一歩を踏み出さないと、

いつまでたっても何も変わらないままですよ。

 

 

自分が、満足できる働き方を探しましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.