【家族キャンプ】1日の時間の過ごし方、朝起きて、夜寝るまでの時間配分について

WRITER
 
猿
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

 

キャンプの時の過ごしたか「タイムテーブル」を思い出してみました。

キャンプの時の時間の使い方が何となくわかると思います。

 

 

最近キャンプデビューした初心者キャンパーのマーボです。

 

マーボ
マーボ

年間20回程度キャンプに行ってます。

 

行ったキャンプ場によって、している事は少しずつ変わっていますが、少し前に行った「七ツ釜キャンプ」の時の時間の使い方を書いてみました。

 

マーボ
マーボ

我が家流の「キャンプ場」での過ごし方です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

10:00~準備をして家を出る

 

基本的に「当日の朝」に予定を決めるので、出発はこのくらいの時間になります。

 

マーボ
マーボ

朝ごはんを食べながら予定が決まります。

 

~ポイント~

  • 次の日の予定(仕事があるのか)
  • キャンプで何をして遊ぶのか
  • 今日明日の天気はどうなのか

 

10:30~薪を拾いに行く

 

キャンプ場に向かう前に、家の近くにある森(鴻巣山)で「薪」を確保していきます。

 

鴻巣山

 

マーボ
マーボ

折り畳み式の「のこぎり」で落ちている木を丁度いい長さにカットして、段ボールの箱に入れて持って行きます。

太いやつ多めで。
段ボールの箱は焚火の時に燃やしてしまいます。

 

マーボ
マーボ

「蚊」に刺されまくりました!
虫除け対策はしっかりしておきましょう。

 

10:55~目的地に向け出発する

 

「薪」拾いが終わると目的地の「七ツ釜キャンプ場」に向けて出発しました。

 

霊園

 

マーボ
マーボ

「蚊」に刺された足がかゆい!

 

 

マーボ
マーボ

虫刺されの薬がすぐ取り出せる所になかったので「フェミニーナ軟膏」で代用しました。

スースーする感じはないですが、かゆみは治まります。

効き目ありますよ!

 

12:30~キャンプ場に行く途中にあるお店で食材を購入

 

途中にあった「地元のお肉屋さん(フクシマストア)」的な所で今晩の食材を購入しました。

 

フクシマストア

 

マーボ
マーボ

食品から日用品までそろっていました。
奥の調理場では「豚」丸ごと一頭を解体していました。

 

 

13:40~キャンプ場に到着

 

のんびり運転で、休憩しながらキャンプ場に向かい、無事に到着しました。

キャンプ場に向かう車の中で「周辺の施設」や「スポット」について調べます。

 

七ツ釜キャンプ場

 

マーボ
マーボ

ほぼ貸し切り状態でした。

天気が良くて、暑い!

 

13:50~テント設営

 

とりあえず「日陰」が欲しかったので、まずはテントを張りました。

マーボ
マーボ

昔はテントを張るのに30分~40分ぐらい時間がかかっていましたが、いまでは10分~15分ぐらいで、テント設営は出来ます。

 

 

14:15~昼飯

 

昼ご飯を食べていなかったので、お湯を沸かして、テントの中で「カップラーメン」と「おにぎり」を食べました。

 

 

マーボ
マーボ

この時点で「ビール」を飲みます。
最高☆

 

 

マーボ
マーボ

遊びに時間を使いたい人は、料理は手抜きしましょう。

外で食べるだけで、何でも美味しくなりますよ。

 

 

14:40~荷物を配置(準備完了)

 

さっさと昼ご飯を食べて、休憩したら、キャンプで使う荷物をテントの中に運び入れます。

 

七ツ釜キャンプ場

 

マーボ
マーボ

「エアーマット」を敷いたり「ランタン」や「コンロ」を荷物の中から出しておきます。
着替えやタオルなども使いやすい位置に置いておきます。

 

15:00~釣りしに海へ

 

海がすぐそばにあるので、釣りをしに行きました。

 

七ツ釜 釣り

 

マーボ
マーボ

キャンプ場の途中の「お肉屋さん」での買い物は控えめにしておきました。
釣れた魚が今晩のおかずです。

 

17:00~浜辺を探索

 

釣りに飽きてきたら「浜辺を探索」しました。

 

マーボ
マーボ

浜っていうか岩場でした。

 

色んなものが落ちていて「ゴミ」はもちろん

「カメの手」「ビーナ」とかの食材と

「ギラギラしたGショック」「聖杯(2個)」「おでんを作るときに鍋を仕切るための仕切り板」「トング」

なんかを拾いました。

 

亀の手 ビーナ 謎の生物

 

マーボ
マーボ

岩に張り付いた「ウメボシイソギンチャク」は気持ち悪かった。

 

18:00~夕食の支度をする

 

釣れた魚は、海で下処理をしておきました。

 

 

マーボ
マーボ

魚をさばくのにも慣れました。

 

焚火台を使っての火おこし(炭)は主に自分がします。

 

妻は主な食事の準備をしてくれます。

 

マーボ
マーボ

「メスティン」を使ってお米を焚いたり。コンロを使って料理を作ったり。

自然とこの流れになっています。

 

18:30~夕食開始

 

暗くなる前に食事を始めます。

 

この日のメニューは「BBQ」「ごはん」「湯でたビーナ、カメの手」でした。

 

 

 

 

マーボ
マーボ

基本的に食事は手抜きが多いので
そのうち凝った料理も作ってみたいです。

 

 

21:00~就寝

 

キャンプ場はすぐに真っ暗になります。

食事が終わるとテントの中で少し遊んで、寝ます。

マーボ
マーボ

自分は酔うとすぐに眠たくなるので、早めに寝てしまう事がほとんどです。

 

まとめ

【朝】

今日の予定を考える

【昼】

キャンプ場に到着

【夕方】

日が暮れる直前まで遊ぶ

【夜】

ご飯を食べて寝る

 

 

これが大まかな「キャンプの時の時間の使い方」です。

 

夜も早く寝るので、次の日の朝は早起き出来ます。

朝、早起きして「朝ごはん用の魚」を釣りに行きました。

 

七ツ釜 釣り

 

マーボ
マーボ

塩焼きと味噌汁にしました。

 

 

次の日は体力がなくなるまで、ひたすら遊んで帰宅しました。

 

息子

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.