【我が家流・キャンプ場の選び方】新規の場所・トイレのマナー・無料・お風呂・天気などまとめ

WRITER
 
火おこし
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

「キャンプ場は何を見て決めていますか?」とキャンプ場を決めるポイントの質問があったので

「我が家流」キャンプ場選びのポイントを考えてみました。

 

最近キャンプデビューした初心者キャンパーのマーボです。

 

今回は「我が家流」のキャンプ場選びのポイントをまとめてみました。

あくまでも「我が家流」なので、初めてキャンプに行く人なんかの参考にはならないと思います。

 

 

キャンプ場を選ぶポイントは人それぞれ違うとおもいます。

 

「住んでいる所から行きやすい場所がいい」

「海の近くで、釣りが出来る所がいい」

「シャワーやお風呂が近くにないと嫌だ」

「川の近くで、水遊びがしたい」

「テント泊じゃなくてコテージ希望」

「管理人がいる所がいい」

「無料のところがいい」

など色んな決め方があると思います。

 

「我が家流」キャンプ場を決めるポイントを考えてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

キャンプ場の決め方~俺編~

リアカー

 

俺的キャンプ場選びのポイント「行った事が無い所」

 

基本的には、色んな所に行きたいので「一度も行った事が無い所」っていうのが多いです。

 

マーボ
マーボ

初めて行くところはワクワクしますよね。

 

ネットを使ってキャンプ場を探すことが多いですが

田舎の方にお出かけした時なんかに「~キャンプ場」みたいな看板を見つけるととりあえず下見しときます。

 

マーボ
マーボ

忘れやすいのでメモしときます。
九州の田舎には結構キャンプ場があります。

 

 

俺的キャンプ場選びのポイント「その日の天気で決める」

 

晴れていたら問題ないですが「雨」の日は一度行ったことがあるキャンプ場を選ぶのがいいと思います。

 

マーボ
マーボ

雨の日にキャンプをしに行く人は、あまりいないかもしれませんが……。

 

 

【雨に濡れない屋根付きポイントがあるか】

 

荷物を準備する時に、一旦置いておく場所があると作業がはかどります。

テントを撤収する時なんかに、屋根が付いている所があると便利です。

 

【地面がどんな感じになるか】

 

水はけがいい所ならいいですが、泥の上や水たまりの上は避けたいです。

一度行った事がある所で、出来そうな場所を選びましょう。

 

【キャンプ場に行くまでの道・キャンプ場周辺は安全なのか】

 

キャンプ場は山の中にある事が多いので、そこに行くまでの道も考えましょう

道幅の広さとか、急な上り坂はないかなど。雨の日の山道の運転はなるべく避けたいですね。

川の近くにあるキャンプ場なども注意しましょう。水かさが増えたり、土砂崩れなんかも怖いです。

 

マーボ
マーボ

危険?って思う時はキャンプは中止して他の遊びをしましょう。
室内のプールとか楽しいですよ☆

 

俺的キャンプ場選びのポイント「無料の場所」

 

「無料」っていうのも大事なポイントだと思います。

有料のキャンプ場は

「コテージを使う場合」は10,000円ぐらいかかります。

「テントをレンタルする」「キャンプ場に常に設置してあるテントを使う」場合で4,000~5,000円ぐらいかかります。

「テントを持っている人」でも2,000円~4,000円ぐらいはかかります。

 

マーボ
マーボ

数を重ねると利用料金もバカになりません。

それなら「無料」の場所を選んで、食事を少し豪華にしたい。

 

 

旅人屋(たびんちゅや)さんのサイトをよく利用してます。

 

 

俺的キャンプ場選びのポイント「釣りが出来るところ」

 

近頃は「釣り」に家族でハマっているので、近くに釣りが出来る場所があると行きたくなります。

 

キャンプ+「何かしたい事」でキャンプ場を決めてます。

 

マーボ
マーボ

最初は何かしたいことが「BBQ」でその後「焚火」んで次が「のんびり」としたいことが、だんだん変わってきてます。

 

キャンプ場の決め方~妻編~

 

キャンプは1人で行くわけじゃないので「妻の意見」もしっかり聞いてます。

 

妻的キャンプ場選びのポイント「トイレ」

 

妻がキャンプ場に求めるものの第一位は「トイレが綺麗か」です。

 

【キャンプ初期】

洋式で明るく綺麗なトイレがあるところ

 

【現在】

掃除がしてあるトイレなら大丈夫

 

 

マーボ
マーボ

トイレの免疫レベルが上がってきたので、中が綺麗に掃除してあれば「和式」オッケーになりました。
人がよく行く無料のキャンプ場のほうが、有料キャンプ場よりトイレが綺麗な場合もあります。

 

 

マーボ
マーボ

無料のキャンプ場のほうが、トイレのマナーがいいです。

使うんじゃなく、使わせていただいている。

来た時よりも美しく。

って感じです。

 

 

妻的キャンプ場選びのポイント「風呂」

 

「風呂」付きのキャンプ場は便利でテンションは上がりますが、絶対条件じゃないです。

 

1日目はキャンプして風呂には入らず、2日目思いっきり遊んで、最後に風呂に入る。っていうのが多いです。

 

マーボ
マーボ

1日ぐらい風呂に入らなくても平気な家族です。

 

夏の暑い時期なんかで汗を拭きたい場合は「汗ふきシート」を使っています。

 

 

マーボ
マーボ

九州内はどこに行っても割と「温泉」や「銭湯」があるのでキャンプ場についてから調べています。

この「妻的キャンプ場選びの条件」が1番のキャンプ場選びのポイントになっています

 

キャンプ場の決め方~番外編~

薬局

 

 

行きながら決める

 

計画とかを考えるのが苦手なので、とりあえずキャンプに行く準備をして、車に乗り込んでから「キャンプ場」を決めることもあります

 

マーボ
マーボ

でもいつも何とかなってます(笑)

 

車の中でキャンプ場を決めて、詳しく調べてみたら

「船じゃないといけない島やんか!」

「このキャンプ場は今日休みみたいよ」

とかでキャンプしに行くところが、コロコロ変わる事もあります。

 

マーボ
マーボ

計画性のある家族からは
「信じられない」
「それでよくイライラせんよね」
とか言われますが、うちではこれが普通になっています。
家族みんなが能天気なのかも(笑)

 

まとめ

焚火

 

今回はキャンプ場の選び方を考えてみましたが、しっかり「計画」「準備」「行動」ができる人にはあまり参考にならなかったかもです。

 

何はともあれ、自由に自分たちのスタイルでキャンプを楽しみましょう。

 

マーボ
マーボ

一緒に行く人の意見をしっかり考えるのがキャンプ場選びのポイントですかね

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.