【赤ちゃん】暑い時期のお出かけは大丈夫?暑さに弱い3つの理由と夏の暑さで気をつける事・対策まとめ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

夏の暑さは赤ちゃんにとってとてもつらいです。

体温調節機能が未熟で、汗をかきやすい赤ちゃんのために、しっかりとした暑さ対策をしましょう。

外出時に考えておかないといけない暑さ対策まとめです。

 

 

最近キャンプデビューした初心者キャンパーのマーボです。

 

自分には3歳になる息子がいるのですが、息子がまだ赤ちゃんの時に気づいた、

夏の外出時に気をつけないといけない事をまとめてみました。

 

「春」や「秋」とは違い、特に「夏」のお出かけ時には特に注意が必要です。

赤ちゃんは

「お腹がすいた・眠い」と思ったら泣いて教えてくれます。

それ以外の

「暑い・寒い」といった場合も同じく、泣くことで教えてくれます。

つまり、親がこまめに赤ちゃんの状態をチェックする必要があるっていう事です。

 

夏の外出時には、必要なグッズを揃えたり、熱中症や日焼け、虫刺されといったトラブルへの対策がとっても重要になってきます。

 

この記事を読むと

赤ちゃんを連れて外出する時に、気をつけないといけない事が分かります。

その理由と、対策も分かります。

 

 

 

赤ちゃんが暑さに弱い3つの理由

 

親子

 

赤ちゃんの体が暑さに弱いという理由をまとめてみました。

 

体温調節が上手にできない

 

生まれて1才未満の赤ちゃんは、大人とは違い、気温や室温が変化して暑いと感じても、うまく熱を逃がすことが出来ません。

逆に寒いと感じたときにも、熱を身体にとどめておいたりすることもできません。

 

マーボ
マーボ

つまり体温調節機能が十分に備わっていないって事です。

 

 

そのため、夏の暑いときは体温も上がったままになってしまいます。

 

汗をかきやすく、肌荒れを起こしやすい

 

赤ちゃんはとても汗っかきです。

実は、大人と同じ数の汗腺(汗が出る腺)があります。

 

マーボ
マーボ

体は大人よりも小さいのに、汗腺は同じ量……!?

 

体はあんなに小さいので、その面積を対比したらとんでもなく汗をかいているって事になります。

その汗をそのままにしとくと、すぐにあせもや肌荒れを起こしてしまいます。

 

マーボ
マーボ

しっかりとケアをしてあげなければ!

 

 

また、室内のエアコンで冷えた所に移動すると、体が冷えて風邪を引く原因になります。

※暑さで体が疲れて食欲が落ち・免疫力が低下しているのも夏風邪の原因の1つです。

 

熱が体にこもって、熱中症になりやすい

 

赤ちゃんは体温調節機能が十分に備わっていないために、大人より外気の影響を受けやすくなります。

そのため、夏の暑い所では熱が体内にこもり体温が上がったままになります

さらに、汗をかきやすいので、水分不足になって熱中症を起こしやすくなります。

 

マーボ
マーボ

熱中症になったらどのような症状がでるのか?

 

 

  • 「元気がなくなる」
  • 「ぐったりする」
  • 「おしっこの量が少なくなる」
  • 「汗をかかなくなる」

こんな症状の時は急いで涼しい場所に移動して、水分補給しましょう。

※「意識が無い」など症状が重い場合は救急車を呼びましょう

 

外出時の暑さ対策・気をつける事

 

 

外出する時に気をつけておかないといけない事

 

外出する時間を考える

 

赤ちゃんと一緒に外出するときは、できるだけ暑さの厳しい時間帯を避けるようにしましょう。

 

マーボ
マーボ

1日のうちで最も暑さが厳しくなるのは、10時~14時の時間帯です。

 

 

この時間帯の外出は、赤ちゃんにも大きな負担をかけることになります。

なので、急ぎの用事があるとき以外は、早朝か夕方に出かけるようにしましょう

 

水分補給はこまめにする

 

外出中には必ず、こまめな水分補給をしましょう。

 

マーボ
マーボ

30分~1時間の間隔で水分補給を!

 

 

まだ上手く飲めない時にはこれが便利でした。

 

 

 

授乳中の赤ちゃんの場合も、授乳の間隔が開きすぎないように十分注意しましょう。

 

薄手の肌着・持ち物をチェック

 

外出時の服装は、短肌着やロンパースといった薄着を1枚だけ着せていました。

 

マーボ
マーボ

着心地が良く汗をよく吸う薄手の肌着を選びましょう。

 

 

 

赤ちゃんは手や足の先で体温調節しているので、靴下は履かせないほうがいいです

 

マーボ
マーボ

帽子もかぶりましょう!

 

 

色選びも重要で、黒っぽい色は熱を吸収しやすく温度があがるので、白っぽい色を選ぶようにしましょう。

また、赤ちゃん用の柔らかい保冷シートがあると体を冷やせて便利です。

 

 

レンジで温めれば冬の寒い時期にも使用可能です。

 

 

マーボ
マーボ

首の後ろや、わきの下を冷やしましょう。

 

 

抱っこやおんぶをするときには、間に冷却シートを

 

抱っこ紐などを使い、だっこやおんぶで外出する場合には、親と赤ちゃんが密着するためより暑さを強く感じます。

抱っこ紐と赤ちゃんの間、赤ちゃんと親の間などに冷却シートを入れて、少しでも涼しくしましょう。

この時には、タオルを一枚入れるなどして、冷やしすぎないようにすることが大切です。

 

マーボ
マーボ

親が冷たいと思ったら、冷やし過ぎです。

 

 

首がまだ座っていない状態の赤ちゃんの場合だと、クッションのインサートを使用しなければならない抱っこ紐もあります。
夏場にクッションに包まれて外にいるのは、赤ちゃんにとってとても苦痛です。

なので、抱っこしている間に赤ちゃんの顔が赤くなってきたら、一度抱っこ紐をはずして風を通しましょう。

そのほかにも、直射日光が赤ちゃんに当たるのを防ぐことができる

赤ちゃんにかぶせるひんやり素材のブランケット」なんかも熱中症予防におすすめです。

 

 

 

 

 

ベビーカーの場合は、照り返しがあるので特に注意が必要

 

夏は地面から近いほど気温が高くなっています。

 

気温34.9度のとき、コンクリートの地面の温度は57度もあり、地上120センチ(小学生の身長ぐらい)での体感温度は41度あります。

ベビーカーにのった赤ちゃんの頭の位置では体感温度50度もあり、とても危険な状態です!

しかし

日陰だと地面の温度は38度で、地上120センチで体感温度35度

ベビーカーの位置では体感温度36度と日なたと日陰ではこんなに温度が違います。

 

マーボ
マーボ

ベビーカーを使う場合は日陰を歩くようにしましょう。

 

 

 

車内でも日差しを抑える工夫が必要

 

夏場の車内はまるでサウナのように暑くなるため、赤ちゃんを乗せるときは十分に注意しなければいけません。

入ってくる日差しを抑えるために、赤ちゃんの横には、必ずサンシェードを取りつけるようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの皮膚は大人の半分の厚さしかないため、日焼け対策(紫外線対策)・虫よけ対策・肌荒れを防ぐ対策が必要になります。

日焼け対策には、赤ちゃん用の日焼け止めを使いましょう。

 

 

虫よけは、スプレータイプの物では、ガスを吸い込む可能性があるので、クリームタイプ・ジェルタイプの物がおすすめです

 

 

また、チャイルドシートは非常に熱を持ちやすいので、保冷剤や冷却スプレーなどで冷やしてから赤ちゃんを乗せるようにしましょう。

チャイルドシート専用の保冷剤なんかも販売してあります。

 

 

 

 

 

まとめ

 

father

 

夏の暑い時期に外出する時間はなるべく涼しい時間で1~2時間程度にしておくのがいいと思います。

プールや浅い川なんかの水を使って遊ぶときにはもう少し長くても大丈夫だと思います。

 

うちの場合は、ずっと家にいる事が少ないので、夏の暑い時期でもわりとお出かけしていました。

 

山や滝なんかは夏でも涼しいです。

とはいえ、赤ちゃんはまだまだ体が弱いので、しっかりとお出かけ対策をして出かけるようにしましょう。

そして、夏のお出かけを楽しみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.