【比較】ファミリーキャンプにおすすめ!人気の「アウトドアキャリー」5選

マーボ
WRITER
 
アウトドアワゴン
この記事を書いている人 - WRITER -
マーボ
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

ソロキャンプと違い、家族でファミリーキャンプに行くと、当然ですが荷物が増えますよね

子供が小さな場合だと「予備の着替え」「おむつ」「タオル」「ティッシュ」「ミルク」それから「おもちゃ」……など

それから当たり前ですが「食料」「寝袋」「イス」も人数分必要になるから気が付いた時には

「多っ!!」

ってなります

そんな、荷物が多めのファミリーキャンプの時に便利なのが「キャリー」です

 

マーボ
マーボ
「アウトドアワゴン」ともいわれてる

 

荷物を運ぶ時に便利な「キャリー」ですが、いろんなアウトドアブランドが「キャリー」をだしています。

 

マーボ
マーボ
んで、結局どれを買えばいいの?
自分たち家族にピッタリなのはどれなん?

 

って事で悩んだので、有名なアウトドアブランドのキャリー5つの違いを比較してみました!

 

ファミリーキャンプに行くならキャリーが必須!

子供 キャンプ

 

キャンプの時の荷物運びって、かなりの重労働だと思いませんか?

というかキャンプっていうのが「外で生活する」という意味では荷物運びは

 

マーボ
マーボ
「引っ越し」と一緒!

マンションに住んでいる人や、駐車場まで距離がある人も、車に荷物を積み込むのはかなり大変!

ファミリーキャンプの時は、特に荷物が多いから、荷物を車に積み込むのに何往復もしないといけないですよね

階段やエレベーターを使って、荷物を運ぶのは時間がかかるし、なにより疲れる……

 

マーボ
マーボ
キャンプに出掛ける前に腕がパンパン

 

またキャンプ場についた後でも

  • 車をテントに横付けできない
  • 坂の上にテントがある

など、荷物を運ぶのが困難なキャンプ場もあります

そんな時に「キャリー」があれば、沢山の荷物を一気に運ぶことができます

アウトドア用のキャリーだと耐荷重も「100kg」程度で、容量もかなりの「大容量」になってます

大量の荷物を乗せてもビクともしません!

 

話は変わりますが、子供って急に疲れませんか?

さっきまで楽しそうに走り回ってたと思っても、ピタッと動きが止まって

「疲れた……もう歩けん……」

「だっこ!だっこしてー!!」

 

マーボ
マーボ
子供がいる家庭あるある

もう少しだから歩いてよ……

 

キャンプとかお出かけの時の急な「だっこー!」って何気に疲れるんですよね……

 

そんな時にキャリーがあると、ヒョイっとキャリーに乗せて移動できますよ!

おもちゃの乗り物に乗る感じなので、子供もかなり楽しんでくれますよ☆

色んなことに興味深々な男の子の、ウロチョロ防止にもなります

収納時もコンパクトになるから、車に積んでおくと普段の買い物の時や、子供と公園に遊びに行った時なんかにも大活躍します

 

マーボ
マーボ
「運動会」「魚釣り」「海・プール」などのイベントでも使えます

 

とにかく子供がいる家庭は、1台キャリーを持っておくと損はないって事です

 

キャリーを選ぶ時のポイント

容量・耐荷重

 

せっかくキャリーを使うのなら、1度に沢山の荷物を運びたいですよね?

容量が大きい方が沢山の荷物を積み込めるので、やはり容量は大きい方がいいでしょう

アウトドア用のキャリーの平均の容量は「約100L」となっているので、100L以上あれば快適にキャンプの荷物を運べます

しかし、いくら容量が大きくても「耐荷重」がひくいものだと意味がありません

せっかくキャリーを購入しても「すぐに壊れた!」なんて最悪です

耐荷重が「100kg以上」あればキャンプの時でも問題なく荷物を運ぶことができるので

容量が「100L以上」

耐荷重が「100kg以上」

のものを選ぶようにしましょう

重量

計り

 

キャリー自体の重量も軽いほうが扱いやすいです

特に女性の方が使う場合だと、あまり重たいものだと使いにくいですよね

「10kg」前後でなるべく軽い物がおすすめです

ハンドルの形

ハンドル

引用:Amazon

 

キャリーのハンドルの形には、主に「T型」と「O型」の2種類があります

「T型」は手で握ってキャリーを操作するので、手が疲れやすくなっています

特に、運ぶ荷物が重たい場合だと指や腕に負担がかかるので「T型」のハンドルは女性の方にとっては扱いにくくなっています

それに比べて「O型」のハンドルだと、手全体を使えるので、重たい荷物でも疲れにくくなっています

操作性も「O型」のほうが優れているので、より快適にキャリーを使いたいという人は「O型」のハンドルがおすすめです

※「T型」のハンドルを「O型」にするアイテムもあります

引用:alpen-group

タイヤの形・ブレーキの有無

タイヤの形

引用:Amazon

 

タイヤが大きく、太い方が悪路に対して強くなります

キャンプ場でも、道が整備されていない自然そのままな場所も沢山ありますよね

そんな道が整備されていない場合などでは「太い」タイヤが道の影響をうけずにガンガン進めます

しかし、タイヤが太いということは、その分キャリーを引く時に力が必要になるということです

 

マーボ
マーボ
タイヤの太い「SUV車」と同じイメージ

 

どんな道でも走れるけど、燃費がよくないですよね

地面に接しているタイヤの面積が広くなるので、それを動かすのに力が必要になるということです

悪路には強いけど、整備された道では細いタイヤに比べると力が必要ってことです

それからキャリーの中には「ブレーキ」が付いていないものもあります

坂道で手を離してしまうと勝手に動き出しとても危険です

キャンプ場は、平らな場所だけではないので、ブレーキ付きの方が安心して使うことができます

カバーが取り外しできるかどうか

カバーの取り外し

引用:Amazon

 

キャンプでキャリーを使うと、泥や土で荷台が汚れやすくなっています

 

マーボ
マーボ
特に、子連れのファミリーキャンプの場合だと荷台の中はすぐに砂や土まみれ……

 

一応、荷台の底には専用のシートを敷いて使用するのですが、荷台の横や後ろなど、使えば使うほど汚れてきます

それから、キャンプの時についた「焚火」や「BBQの油臭」などの匂いも気になりますよね

 

マーボ
マーボ
家の中にキャンプ臭を持ち込みたくない……

 

そんな時にカバーが外せると、丸ごと洗うことができます!

ながく清潔に使うためには、カバーが取り外せた方が良いということです

価格

給料

 

やはり気になるのが「価格」ですね

キャンプ道具は高額な物が多く、必要な物を揃えていくとなかなかの金額になります

なるべく「低価格」だけど、しっかり使える間違いないものを選びたいです

なので

 

  • 容量
  • 重量
  • 耐荷重
  • ハンドルの形
  • タイヤ
  • カバーの取り外し
  • 価格

 

を総合した「おすすめのキャリー」を5つ紹介します

ファミリーキャンプおすすめ~その1「Coleman」アウトドアワゴン

 

この投稿をInstagramで見る

 

mitorumama2(@mitorumama2)がシェアした投稿

 

悩んだ時にはコレ!って感じの、ド定番のキャリーです

 

マーボ
マーボ
沢山の人が使っている「名作」キャリー

 

使用時のサイズ感や、収納サイズ・キャリー自体の重量まで、非常にバランスがとれているモデルです

アウトドアのお店はもちろん、ホームセンターでも販売されていますね

荷台の休みに「Dリング」が付いていて、付属のフック付きのゴム紐を取り付けると、荷物の落下防止ができます

Coleman

引用:Amazon

 

オプション品で、キャリーをテーブルとして使える「キャリー用テーブル」もあります

タイヤの前輪にはしっかりブレーキが付いているので、坂になっているキャンプ場でも、勝手に動き出すこともないので、テーブルとして安心して使うことができます

Coleman

引用:Amazon

中心を軸に左右から開くことができ、いちいちテーブルを外さなくても中身を取り出せます

しかし「キャリー用のテーブル」の耐荷重はそこまでなく、重たいものを乗せると歪みます……

 

マーボ
マーボ
500mlのペットボトル程度なら大丈夫だけど、2Lのペットボトルだと厳しいイメージ

 

なので「メインテーブル」ではなく「サブテーブル」として、ちょっとした物置にする感じで使えます

防水仕様になっているので、雨の時の「カバー」としても使えるし、中身を見られたくない時の「目隠し」としても使えます

マーボ
マーボ
ただし、キャリー界の定番商品なので、使っている人が沢山います

 

あまり人と被りたくないって人には、不向きな商品かもしれません

しかし、ネットで探すと「限定カラー」の販売があります

「真っ赤なキャリーは嫌だ!」

「人と被りたくない!」

という人は、ネット販売からの購入がおすすめです

【商品詳細】

容量約114L
重量約11kg
耐荷重約100kg
ハンドルの形T型ハンドル
タイヤ大き目・細い
ブレーキ前輪にあり
カバーの取り外し不可
価格9,990円(Amazon)

ファミリーキャンプおすすめ~その2「WAQ」OUTDOOR WAGON

 

この投稿をInstagramで見る

 

noinoi-family(@noinoi_gram)がシェアした投稿

 

国内のアウトドアブランド「WAQ」

大阪を拠点に、アウトドア好きな3人によって立ち上げられたブランドです

「アウトドアを通じて人生にわくわくを」がテーマになっていて

誰でも使いやすい・ついついキャンプに出かけたくなるという商品が沢山あります

マーボ
マーボ
LEDランタンも超有名

「WAQ」のキャリーの特徴は、耐荷重「150kg」という丈夫さです!

容量も大容量で、一度に運べる荷物の例としては

 

  • タープ×1
  • テント×1
  • 焚火台L×1
  • テーブル×1
  • グランドシート×1
  • 折り畳みチェア×4
  • エアマット×4

 

キャンプに必要な荷物が、1度で運べるイメージです

さらに、もう一つの特徴としては「大きくぶっといタイヤ」です

 

マーボ
マーボ
タイヤの太さは驚異の8.5cm!

 

タイヤがかなり大きく太いので、砂利道などのタイヤを捕られそうになる道や、砂浜などタイヤが空回りしやすい道など、コンディションが悪い道でもガンガン進むことができます!

WAQ

引用:Amazon

 

マーボ
マーボ
車でいうなら「SUV」オフロード車って感じ

【商品詳細】

容量約106L
重量約11.2kg
耐荷重約150kg
ハンドルの形O型ハンドル
タイヤ大き目・太い
ブレーキなし
カバーの取り外し不可
価格9,980円(Amazon)

ファミリーキャンプおすすめ~その3「DOD」フォールディングキャリーワゴン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hono65(@honori0605)がシェアした投稿

 

ウサギのマークの「DOD」には、ベージュや黒など落ち着いた色合いのキャリーがあります

このフォールディングキャリーワゴンの特徴は「頑丈なフレーム」です

荷台の上部にフレームが通っているので、荷台が全体的にしっかりした作りになっています

そのため、背の高い荷物を積んだ時に、上部のフレームがしっかりサポートしてくれるので安定した状態で運ぶことができます

 

この投稿をInstagramで見る

 

DOD【公式】(@dod.camp)がシェアした投稿

 

大事なキャンプ道具を、より安全に運べる!

さらに、キャリーをテーブルとして使うことが可能になる「キャリーワゴン用ロール天板」もあります

「キャリーワゴン用ロール天板」を使い、テーブルとして使う際にも上部のフレームのおかげで「約20kg」の重さに耐えられます

メインテーブルやサブテーブルとして使うことができるようになります

 

この投稿をInstagramで見る

 

DOD【公式】(@dod.camp)がシェアした投稿

 

タイヤにブレーキも付いているので、平らじゃないキャンプ所でも安定した状態で、安全に使えます

しかし、丈夫なフレームを使っているのでキャリーの重量は「約14kg」と若干重めになっています

女性が1人で扱うには少し重いかも……

ですが、折りたたんだ状態でも、タイヤを転がして動かすことができるので、特に問題はないとおもいます

※折りたたんだ状態で長距離を移動するには少々慣れが必要です

どうしても持ち上げないといけない場合には、男性にお願いしましょう

それからこのキャリーのカバーは取り外しが可能なので、汚れたり匂いがついた時に、丸洗いすることができます

カバーの取り外し

引用:Amazon

 

いつでも清潔に使えるので気持ちがいいし、すぐに洗えるから、汚れても気にならないですね

万が一壊れた場合でも、部品のみの販売があるので、キャリーを一式買い替える必要が無いので、経済的です

【商品詳細】

容量約125L
重量約14kg
耐荷重約100kg
ハンドルの形O型ハンドル
タイヤ大き目・細い
ブレーキあり
カバーの取り外し可能
価格13,181円(Amazon)

ファミリーキャンプおすすめ~その4「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon

 

この投稿をInstagramで見る

 

yocchi(@flavor832)がシェアした投稿

 

北欧(デンマーク)生まれの、オシャレなキャンプ道具が魅力的で、キャンパー憧れのブランドの1つ「NORDISK」

荷台がコットン素材でできている、とてもリッチなキャリーです

「DOD」のキャリー同様に、荷台の上部にフレームが入っていてとても安定しているし、耐荷重も「100kg」と丈夫になっています

重量はやはり重めの「約13kg」

カバーの取り外しも可能になっているので、泥汚れや、うっかり調味料がこぼれた!なんて際に丸洗いすることができます

タイヤは「ラバー付きの太いタイヤ」なのでどんな悪路でも進めるし、タイヤの真ん中にラバーが付いているので音も割と静かです

NORDISK

引用:Amazon

 

値段は他のキャリーと比べると割高になってますが、人と被らない、注目を浴びるキャリーです

しかし、テーブルとして使うための専用の「天板」などはありません

【商品詳細】

容量約125L
重量約13kg
耐荷重約100kg
ハンドルの形T型ハンドル
タイヤ大き目・太い・ラバー付き
ブレーキなし
カバーの取り外し可能
価格29,900円(Amazon)

ファイリーキャンプおすすめ~その5「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

ロゴスショップ・アウトレット高松店 【公式】(@logosshop_takamatsu)がシェアした投稿

 

 

カラフルなイメージがある「LOGOS」ですが、シックなモデルもあります

上質感があるコットン素材で、名前の通りカバーを外しての「丸洗い」が可能です

このキャリーの特徴は、タイヤが「エアータイヤ」でできている所です

エアータイヤ

引用:Amazon

 

他のキャリーと比べるとその「走行性」「静音性」「クッション性」は比べ物になりません

とても静かで動きも滑らか☆

しかも、タイヤの前輪から後輪までの距離がながいので、とても安定した走りが可能です

もう一つの特徴は、持ち手が「T型」でも「O型」でもないリアカーと同じ「コの字型」というところです

コの字型

引用:Amazon

 

なので重たい荷物の場合には、両手で体重をかけ引くこともできるし、押すこともできます。

耐荷重も「105kg」なので「荷物+子供が2人」乗ってもビクともしません

テーブルとしてつかうための、専用の「天板」はありません

しかし「Tracksleeper 3FDカートオンテーブルチェアセット2」をテーブルとして代用できます

 

この投稿をInstagramで見る

 

ロゴスストアAlpenOutdoors宇多津(@logos_store_utazu)がシェアした投稿

【商品詳細】

容量約145L
重量約11.6kg
耐荷重約105kg
ハンドルの形コの字型ハンドル
タイヤ細い・エアータイヤ
ブレーキなし
カバーの取り外し可能
価格29,700円(Amazon)

まとめ

キャンプ 女

 

今回は5つのキャリーを紹介しました

それぞれのキャリーを特徴別にまとめておきますね

【容量】

1位「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー/約145L
2位「DOD」フォールディングキャリーワゴン/約125L
2位「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon/約125L
4位「Coleman」アウトドアワゴン/約114L
5位「WAQ」OUTDOOR WAGON/約106L

【重量】

1位「Coleman」アウトドアワゴン/約11kg
2位「WAQ」OUTDOOR WAGON/約11.2kg
3位「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー/約11.6kg
4位「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon/約13kg
5位「DOD」フォールディングキャリーワゴン/約14kg

【耐荷重】

約150kg「WAQ」OUTDOOR WAGON
約100kg
  • 「Coleman」アウトドアワゴン
  • 「DOD」フォールディングキャリーワゴン
  • 「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon
  • 「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー

【ハンドル】

T型
  • 「Coleman」アウトドアワゴン
  • 「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon
O型
  • 「DOD」フォールディングキャリーワゴン
  • 「WAQ」OUTDOOR WAGON
コの字型「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー

【タイヤの形】

太い
  • 「WAQ」OUTDOOR WAGON
  • 「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon
細い
  • 「Coleman」アウトドアワゴン
  • 「DOD」フォールディングキャリーワゴン
エアータイヤ「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー

【ブレーキ】

あり
  • 「Coleman」アウトドアワゴン
  • 「DOD」フォールディングキャリーワゴン
なし
  • 「WAQ」OUTDOOR WAGON
  • 「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon
  • 「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー

【カバーの取り外し】

可能
  • 「DOD」フォールディングキャリーワゴン
  • 「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon
  • 「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー
不可能
  • 「Coleman」アウトドアワゴン
  • 「WAQ」OUTDOOR WAGON

【価格】

1位「WAQ」OUTDOOR WAGON/9,980円
2位「Coleman」アウトドアワゴン/9,990円
3位「DOD」フォールディングキャリーワゴン/13,181円
4位「LOGOS」 Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー/29,700円
5位「NORDISK」 Cotton Canvas Wagon/29,900円

※価格は全てAmazonを参照(2020年4月)

あとがき

 

ウチでは、カバーの取り外しが可能で丸洗いできるということと、見た目で「DOD」フォールディングキャリーワゴンを購入しました

 

マーボ
マーボ
今の所、なんの問題もなく使用できています☆

 

買い物や、釣りに行く時にも必ず持って行っていますよ

「もっと早く買っておけばよかったー」

と妻も言っています

子連れの家族には、特にキャリーはおすすめですよ

安くて使い勝手がわるいものや、すぐ壊れるものより、そこそこ値段がするけど、ながく使えるものを選んだ方が、買い替えなどを考えると、結果的に安く済みますよ

便利な物を使って、楽をしてさらにアウトドアを楽しみましょ~

この記事を書いている人 - WRITER -
マーボ
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

This error message is only visible to WordPress admins

Error: There is no connected account for the user 8098818351 Feed will not update.

Error: admin-ajax.php test was not successful. Some features may not be available.

Please visit this page to troubleshoot.

【似顔絵】も描いてます↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

似顔絵太郎(@nigaoetrou)がシェアした投稿 -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2020 All Rights Reserved.