【霊園で山歩き】鴻巣山で子連れ登山。平尾霊園が「3歳の子供」と遊ぶのに丁度いい

WRITER
 
霊園
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

最近キャンプデビューした初心者キャンパーのマーボです。

 

福岡市内にしっかり自然を楽しめる「隠れ家スポット」があります!

 

それは「平尾霊園」の横にある「鴻巣山(こうのす)」っていう山(森?)です

 

子供と一緒に運動したいって思っている人や

ちょっとした「散歩や森林浴」・「ランニング」・「登山デビュー」にピッタリです!

 

とくに「割としっかり歩き出した」「自転車の練習をしたい」3歳ぐらいの子共にはオススメ☆

 

平尾霊園

「福岡市立平尾霊園」は福岡市内にある「霊園」です。

鴻巣山こうのすやまの山すそにあって自然豊かな「霊園」です。

昭和30年開園の長い歴史と伝統を誇る、風格のある霊園になってます。

広い敷地には、大小様々な墓碑がひっそりと並んでいてとても静かです。

参道も広いので駐車もしやすくなってます。

 

霊園に行こうと思った理由

選ぶ

「霊園」って聞くと

  • 墓地
  • お墓
  • 怖い
  • お化け
  • 不気味

 

みたいなイメージがあると思います。(自分も始めはそうでした)

でも実際に行ってみるとそんなことはありません!

 

子供がいると、天気のいい日は、外で遊ばせたいですよね。

休日に近くの公園とかに行っていたんですが

子供が多い!!

なんか、子供が多い公園で、親が気を使う経験をしたことってないですか?

 

例えば

  • 先に子連れの親子が砂場で遊んでいる。
  • 自分の子供も砂場に行く。
  • うちの子が、先に遊んでいた子のおもちゃが気になる。
  • 親切に「良かったら使ってください」と言われる。
  • 「ありがとうございます」と言いつつ、人のおもちゃなので、なんか気を使う。

 

とか

滑り台がある、少し大きめの遊具で子供が遊ぶときも、遊具の周りが親だらけ!

 

  • 自分の子供が怪我しないか、周りの子供達の迷惑になってないか常に監視する。
  • 「~君!」「これしちゃダメ!」「あれしちゃダメ!」と聞こえる。
  • 子供達が遊んでいて、少し手が当たったり、足が当たる。
  • 「すいません」って自分と自分の子供に謝られる。
  • 「全然大丈夫ですよ」と返す。
  • また監視。

 

何か疲れる。

 

子供自身は全く気にしてない事でも、親が他の子に気を使いすぎて、子供がのびのび遊べない!

ってか自分がそういうのが苦手!

 

怪我するまでどんどん遊んで来い!

 

って思っても、そういうわけにもいかないし……。

 

休日でも、人が少なく、子供がのびのび遊べる所ってないのかなぁ

って思っていた時に、思いついたのが「平尾霊園・鴻巣山」でした!

 

「いい所」も沢山あるんですが、まずは先に「残念ながっかりポイント」から↓↓

「平尾霊園」の残念な所

~その1「蚊」が多い

春から秋にかけては「蚊」が多いです!

マジで「蚊」は多いです。

 

自分は基本的に「半袖」「半ズボン」スタイルなので

チョット油断すると両足に「20匹づつ」とかもあります……

 

なので「虫除け対策」はしっかりしておきましょう!

 

マーボ
マーボ

「長袖」「長ズボン」の方がいいと思うよ

 

日に焼けたくない人は「日焼け止め」も大事です

 

アウトドアで使いやすい「スティックタイプ」の「虫よけ・日焼け止め」↓↓

created by Rinker
¥2,970 (2019/11/12 15:46:46時点 楽天市場調べ-詳細)

 

子供に安心して使える「虫よけ・日焼け止め」↓↓



 

~その2「霊園」には開園時間・閉園時間がある

霊園には開園時間があり「9:00~17:00」となってます

 

時間外には入口に「チェーン」が掛けられて、車は入れなくなります。

 

人は入れますよ☆

 

~その3「坂」が多め

霊園は「坂」が多めになってます。

「自転車」なんかの乗り物の練習する時には、スピードの出過ぎに注意しましょう!

 

ランニングする時も下り坂だと「滑りやすい」所もあるから気をつけましょう!

特に「雨上がり」とか路面が濡れていると滑りやすいです

 

残念な所はこれぐらいですかね。

次は「いい所」を見ていきましょ~↓↓

「平尾霊園」のいい所

~その1「人が少ない」

霊園

 

まず一番は、人が少ない!!

自分にとってはコレですね!

特に小学生や、中学生なんかは1人もいません!!

(公園とか、小学生の遊び方が一番激しく、危なかったりする。)

 

霊園

 

それと、車やバイクも走ってない!

たまにタクシーが休憩しにきたり、お墓の掃除をしに来た人の車が来るぐらいです。

子供の自転車の練習なんかにも最適です。

※坂が多いので、下り坂は自転車のスピードが出るため注意が必要!

 

~その2「自然がある」

 

霊園

 

自然が多く、静かです。

「ランニング」している人や「ウォーキング」している人もいます。

※滑りやすい所もあるので気をつけましょう

 

霊園

 

この日は天気がいまいちでしたが、景色もなかなかいいです。

 

霊園

霊園

霊園には「特別区」と名付けられた一角があり、「福岡の変の慰霊碑」や「玄洋社社員の墓碑」などもあります。

 

 

~その3「鴻巣山」がある

 

鴻巣山

霊園入口から入って奥の方に進むと「鴻巣山こうのすやま」への入口があります。

この「鴻巣山」が子連れ登山の準備には、とてもいい場所になっています!!

 

鴻巣山(こうのすやま)とは

 

鴻巣山

 

福岡県の中央区小笹と南区長丘の境に位置し、標高約100mの自然豊かな山です。

中央区では最も標高が高い場所です。

むかし、頂上に生えていた松の木に「コウノトリ」が巣を作っていた。

という言い伝えがあり、この名が着いたと言われています。

 

3歳の子供でも歩きやすい

 

鴻巣山

遊歩道は分かりやすく、歩きやすくなってます。

道幅も広めになってます

 

※秋になると「落ち葉」が増えて滑りやすくなります

 

鴻巣山

3歳のうちの息子は、走り回ってました(笑)

 

「鴻巣山」は山っていうか「森」

鴻巣山

感覚的には、山っていうか森って感じですね!

登りもすくないので、楽々です☆

 

鴻巣山

所々に休憩用のいすが設置してあります。

 

FBSのテレビ塔がある

 

鴻巣山

 

奥に進んでいくと「FBSのテレビ塔」があります。

昭和44年のFBS福岡放送開局に合わせて建設されたもので、高さは「83.2m」あります。

 

「展望台」までも行きやすい

 

鴻巣山

途中に看板がいくつも設置してあり、「展望台」までも迷わずに行けると思います。

 

鴻巣山

 

少し長めの登り階段の先に「展望台」はあります。

 

鴻巣山

鴻巣山

上からの景色はこんな感じです。

北には玄海島や志賀島、南には背振山や油山を一望できます。

 

鴻巣山

「FBSのテレビ塔」もはっきり見えます。

 

特に山頂的な物はなく、この「展望台」が一番高い所になってます。

 

~裏技~「キャンプ好き」には特にオススメ

 

鴻巣山

 

うちでは、キャンプに行く前に「のこぎり」を持ってここに立ち寄り

落ちている木をいい長さにカットし、薪にして拾います!

結構な量拾えるので、薪が必要な人にもおすすめですよ!

 

たまに虫の住みかになってる「木」もあります。

この時も「蚊」には注意しましょう!!

 

マーボ
マーボ

「薪」作りに夢中になってると
足中「虫刺され」……。

 

虫除け対策は大事!

「キャンプ」でも使えるし、森の仕事をしてる「プロも愛用」の強力な虫よけ↓↓

「黄色」と「赤」があるんですが

プロが言うには「赤いヤツ」じゃないと効果が無いって言ってました!

 

感想

 

人も少なく、子供ものびのびと遊ぶことが出来ます。

 

霊園」で遊ぶなんて!!

 

って思う人がいるかもしれませんが、実際に行ってみるといい所ですよ(笑)

 

「鴻巣山」で遊ぶ時にも、「霊園」からなら車で行けるのでとても便利です!

 

子連れでも気軽に行けて、リラックス、山歩きができる「鴻巣山」いいと思います!

 

平尾霊園 まとめ

【住所】福岡市南区平和4丁目1番

【電話】092-531-0655

【交通アクセス】西鉄バス「平和3丁目」下車、徒歩5分。西鉄大牟田線平尾駅から約1キロ。

【駐車場】なし。

(園内への車の乗り入れは可能。参道に車を停める感じ)

【マップ】

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.