【初心者のテント選び方】オシャレ・大きさ・設営方法・それとも暑さ対策?まずはレンタルがおすすめ

WRITER
 
キャンプ アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

 

まだキャンプした事が無い人で

キャンプしたいって思っている人が「テント」選びで気をつけた方がいいポイントをまとめてみました。

 

 

 

最近キャンプデビューした初心者キャンパーのマーボです。

 

キャンプをするときに1番に必要だと思う道具が

「テント」だと思います。

 

でもテントって沢山種類があるし、どれを選んだらいいのか分からない……。

 

マーボ
マーボ

ほんとに悩みます。

雑誌やネットで「テント」を探して

「これが流行ってるみたい」

「かっこいい」

「オシャレ」

なんて理由で買うのは危険ですよ!

 

マーボ
マーボ

テントを買う前に「チェックした方がいい事」を考えてみました。

 

 

この記事を読むと

最初のテントの選び方のヒントが分かり

自分にあったテント選びが出来ます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

どんな種類のテントがあるのか

まず確認しとくのは「テント」の種類ですね!

どんなスタイルのキャンプがしたいのかを考えましょう。

 

ドーム型

 

テントの基本形であるのが「ドーム型」です。

柱となるポールをわざと反らせて、テントを広げて、余裕のある空間を作ることが出来ます。

丸目のフォルムで、どの方向から風が吹いてきても安定して受け流すことが出来るので、途中で風向きが変わったとしても安心です。

 

マーボ
マーボ

キャンプ初心者から上級者まで愛用者の多いテントです。

 

 

2ルーム型

 

リビングと寝室が一体化したテントです。

なので、テントとタープ(日陰をつくる布)を持っていくより荷物を減らすことが出来ます。

設営から撤収が一度で済む効率の良さから、ファミリーキャンパーに人気のテントです。

広々としたリビング空間の扉がメッシュにできるので、虫の襲来を防ぐことが可能です。

視界を防ぐことが出来るため、プライベートな空間で過ごすことが出来ます。

 

マーボ
マーボ

寒い時期にはストーブを使って暖かく過ごすことが出来ます。

 

 

ティピー型

 

インディアンの家を連想させるカタチをした、ちょっとユニークなテントです。

ティピー型テントの魅力は、中心部にポールを1本立てるだけで簡単に設営ができます。

見た目がユニークでオシャレなので人気が高まっています。

また、側面の出入り口以外にも天井が開閉式になっており、空気の入れ替えも容易。

 

マーボ
マーボ

個性を出したい人におすすめです。

 

 

 

何人で使うのか

 

 

キャンプに行く人数で「テント」選びは変わってきます。

 

マーボ
マーボ

1人で使うのか、カップルで使うのか、家族で使うのかで選び方は違ってきます。

 

 

 

 

どんなところにキャンプに行くのか

 

キャンプ

 

キャンプをしに行くところを確認しときましょう。

これからキャンプを始めて、自分が行くであろう「キャンプ場」を事前に確認しときましょう。

 

マーボ
マーボ

テントを買っても、キャンプ場によっては、大きなテントは張れない所も沢山あります。

大きなテントはキャンプ場を制限してしまいます

 

自分の行動範囲内で、よく行くであろうキャンプ場を事前に確認しておきましょう。

 

 

どのくらいのペースでキャンプに行くのか

 

 

テントは決して安い買い物ではありません。よく考えてみてください!

 

1年間に2~3回しかキャンプに行かないかも……。

 

って思った人には「テント」は必要ないと思います。

 

マーボ
マーボ

レンタルのテントを利用しましょう。

 

コテージを利用したり、テントやキャンプ道具をレンタルで貸してくれるキャンプ場を選んで、そこにキャンプしに行きましょう。

 

使ってみたい道具がある場合は「[全国配送]キャンプ用品の宅配レンタルショップ【CAMPDAYS】」もあります。

 

マーボ
マーボ

友達とキャンプしてみたい!
でも、誰もテントやキャンプ道具を持っていない
とりあえず一度キャンプしてみたいって人にもオススメです。

 

↓↓【公式サイト】はここから

まずはテントを買わずにキャンプする

 

 

 

すぐに「テント」を買う必要はないと思います。

 

マーボ
マーボ

焦ってもいいことはありません。

 

まずは、テントを買う前に一度キャンプしに行き、レンタルのテントを使ってみましょう。

 

すると、自分たちに必要な「テント」のスペックが見えてきます。

 

自分が初めて「テント」でキャンプした時に感じた事

※この時にレンタルで借りたテントは4~5人用のドーム型でした。

 

  • 4~5人用のテントって案外重い
  • 大きく広いため思っていたより場所をつかう
  • 窓が少ない物だったので室内が暑い
  • 初めてのテントで、年季が入っている物だったので、設営が難しい
  • テント内で小物が散らかる

 

レンタルテントでキャンプして感じた、自分に必要なテントのスペックは

 

大きさは4~6人用が丁度いい

今は家族3ですが、これから人数が増えるかもしれないし、なんだかんだ荷物が多いから。

 

「テント」の重さは、ある程度我慢できる

ワゴンを使うと持ち運びができるし、1人でキャンプに行く事はないと思うため(重たいので、嫁1人ではテントを持つことは出来ません)

 

近場の、行きやすいキャンプ場では「2ルームのテント」大き過ぎる

自分が良くいくキャンプ場は区画が決まっていて、2ルームテントは使うことができません。

 

通気性が良い物がいい

天気がいいときは、思っているよりテントの中は熱がこもるため「通気性」は大事です。

 

人と被りたくない

人気のキャンプ場で人が多く集まる所では「同じテントが沢山あり、自分のテントが分からなくなる」なんてこともあるみたいです。

それとただ単に、人と違うものに魅力を感じるため。

 

1人でも設営できる物がいい

1人で設営出来ると、その間に嫁は料理の準備だったり、他の事ができるので時間を有効に使うことができます。

 

自分が買ったテントは「コールマン ブリーズドーム」の廃盤になっている前のモデルにしました。


コールマン ウェザーマスター ブリーズドーム 300Ⅳ

テントを張っている様子はこんな感じです。

 

 

もう一つ大事なポイント

 

選ぶ

 

テントは使った後のメンテナンスも大事になってきます。

雨や夜露でテントが濡れた場合は乾かさないといけません。

 

マーボ
マーボ

ニオイやカビの原因になります。

 

時には、テントが乾くまで待つ時間がなく、とりあえず濡れたままテントを家に持って帰り、家でテントを乾かす事も必要になります。

 

自分の家でテントを干せるのかも考えておきましょう。

 

マーボ
マーボ

アパートやマンションに住んでいる人は特に注意です。

 

 

感想

 

father

 

始めはテントは買う必要はないと思います。

何度かキャンプに行って、レンタルを使いましょう。

 

マーボ
マーボ

テントやキャンプ道具は値段が高いので、ガッツリハマってから少しづつ道具を揃えて行きましょう。

形から入るのは要注意です。

 

その後で、自分たちに必要なテントを選ぶのがいいと思います!

「カッコイイ」

「オシャレ」

「大きくて便利そう」

だけでテントを選ぶと後で後悔することになりますよ。

 

マーボ
マーボ

大は小を兼ねません!大きいと確かに便利ですが
不便な事もあります。

 

 

テント選びのまとめ

 

持っていくもの

 

  • キャンプに行く人数を考える
  • 必要な大きさを考える
  • 1年にどのくらいキャンプに行くのか考える
  • キャンプスタイルを考える(テントの形)
  • キャンプに行く場所を考える
  • メンテナンス出来るのか考える

 

しっかり考えて後悔しないように「テント」を選びましょう。

 

コールマンのテントまとめてみました↓↓

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.