木材の塗料ステイン、水性と油性おすすめは??

WRITER
 
ペンキ
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

木材専用の塗料「ステイン」には水性と油性の2種類があります。

二つの塗料を実際に使ってみて感じた、メリット、デメリットはこれです!

ステインとは?

ステインとは、木材専用の塗料で、木目に浸透し、着色させる塗料の事です。

そのため、素材そのものが持っている質感を生かすことが出来ます。

なので、すでにペンキなどの塗料が塗られている所や、ニスが塗られている所、金属などは塗ることが出来ません。

また、木材の保護の役割はあまりないので、屋外で使うものの耐久性を向上させるためには、

ステイン塗装後にオイルフィニッシュやニスなどの仕上げ材を塗る必要があります。

 

油性ステイン

メリット

  • 色が綺麗に出る。
  • 色が濃い。
  • 乾くのが水性より早い。

デメリット

  • 薄める時に専用の薄め液が必要。
  • 刷毛を洗う時にも薄め液が必要。
  • 匂いがきつい。

水性ステイン

メリット

  • 薄める時に、水でいい。
  • 洗う時も、水でいい。
  • 匂いが少ない。

デメリット

  • 色が薄い。

結果

油性と水性でおすすめなのは水性ステインです。

水で薄めたり、洗えたりと油性に比べて扱いやすいです。

確かに色は油性に比べると薄いですが、何度も重ねて塗れば、いい感じになります。

匂いが少ないのもご近所に迷惑にならずにいいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2018 All Rights Reserved.