【ドラム缶風呂に入れる】日本一手軽に泊まれる無人島「田島」で家族キャンプ!

WRITER
 
ドラム缶風呂
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

2018年6月に長崎県の大村湾に浮かぶ無人島「田島」でキャンプしてきました。

今回はモニターコースでの参加でした。

 

家族3人で参加させてもらったんですが

んもぅ最高に楽しい☆

 

大人も子供に戻れるし、子供は大冒険出来る最高の2日間でした。

 

 

田島ってどんな所

 

今回お世話になった「田島」は長崎県の大村湾にある無人島で、全周約3.2kmです。

30年前までは、人が住んでいたみたいで、その時の住居後なんかがそのまま残ってました。

今は完全無人島で「電気」「ガス」「水道」は無しです。

 

マーボ
マーボ

そそりますね☆彡猫、犬は住んでます。
「亀浦港」から船で5分で行けます

 

 

日帰りでも遊べるし、もちろんキャンプも出来ます。

当たり前だけど、「有料のキャンプ場」で「予約制」なんで、事前にしっかり予約しときましょうね。

 

施設紹介

【常設テント】

【女子トイレ】

【男子トイレ】

男子トイレ

 

【カマド】

【事務所】

 

 

この他にもう一つ「古民家」が残っていて、室内での「レクレーション」とかも出来そうな感じでした!

 

全体図はこんな感じです↓↓

全体マップ

 

車で「亀浦港(田島事務所)」を目指す

田島BASE

まずは当日の朝に、高速道路を使い「亀浦港」を目指しました。

いつもの「時間制限なし、とことん自由な家族キャンプ」とは違い

今回は「モニターコース」での参加で、到着しないといけない時刻が決まっていたので、ちょっと焦りました。

 

マーボ
マーボ

いい年した大人ですが、時間を守る!これが苦手。ここが今回の最難関課題だ!

 

 

何度か道を間違えましたが、めちゃくちゃ早く家を出たので、無事に間に合いました。

 

駐車場はこんな感じで、広々↓↓

駐車場

 

 

マーボ
マーボ

それでも、同じ参加者さんの中だと後ろの方だったけど……

 

 

受付で書類にサインをして(保険とかだったはず)んで事務所の表で、今回の参加者さん全員で今回の説明を受けました。

田島BASE 受付

 

 

マーボ
マーボ

ワクワクし過ぎて、あまり説明は覚えてないや(笑)スンマセン。

 

 

きっとこんな感じだったと思う↓↓

  • 熱中症をなめるなよ
  • 島の水は飲むな
  • 海は気をつけないとケガをする
  • 虫や蛇にも注意しよう

まぁ「自分の身は、自分で守りましょう!」って事でした。

 

荷物をまとめて、船に積み込んでいざ「無人島へ!」

田島 乗船

 

田島 出発

 

無人島到着

 

船に乗って「5分」で田島に到着しました。

田島 到着

 

んで、まずは自分たちの荷物を、テントに運びます。

 

なかなかの重労働なので「ワゴン」があると便利。ってウチは持ってないので、何回も往復して荷物を運びました……

 

 

 

無料の貸出品もあるから、キャンプに必要な荷物すべてを持ってこなくても大丈夫です。炭も1箱ついてきました

※テント・寝袋・折りたたみイスはレンタルしました

 

一通り身の回りを整理して、早速ワークショップに参加しましたよ☆

 

ワークショップ

火おこし体験

まずは「火おこし」体験からです。

島の中に落ちている、小枝を拾ってきて「メタルマッチ」で火花を起こして、コットンに火をつけます。

火おこし

 

いつものキャンプで「火おこし」するときは、もっぱら「ライター」と「着火剤」を使っているので、メタルマッチは初体験。

チョットコツがいるけど、慣れると

 

マーボ
マーボ

うんうん。使える!こりゃいいや!

 

って感じでした。

 

息子もつけようと頑張ってましたが、なかなか難しいみたいでした。

 

キャンプから帰ってきて公園で「キャンプごっこ」するときにメタルマッチで火をつけていたので

彼の中で「火をつける」=「メタルマッチ」になってるんだと思います。

 

マーボ
マーボ

1つ持っておくと、災害の時なんかでも使えるから便利だな。

 

 

ココで一旦テントに戻って、昼飯(おにぎり)を食べました。

田島 昼ごはん

今晩のおかずを狙え!釣り体験

 

昼飯を食べて、次のワークショップは「釣り体験」でした。

 

釣り ワークショップ

 

普段からちょいちょい「釣り」はしてるけど、今回の釣りは「リール」なしの「糸垂らしっぱなしの目視釣り」だったので

しっかりやり方をレクチャーしていただきました!

釣り レクチャー

 

何回か糸を垂らして「浮き」の位置を調節して、自分のお気に入りの深さにエサ(小エビ)を待機させて、魚を待つ。

 

海が綺麗で、透けて見えるから魚が寄ってきたところも丸見え★

 

マーボ
マーボ

今晩のおかずを増やすぞーーー!

 

 

田島 釣り場

 

っとやる気満々で挑んだんですが、釣れない……。次のワークショップの時間になったので一旦中止しました。

 

釣りは、いつでも空いた時間に自由に出来ます。

 

手作りボートで探検・疲れたら秘密基地で一休み

手作りボート

ライフジャケットを借りて、手作りのボートで海を探検しました。

のんびり、ゆーーったりボートを満喫しました。

 

息子はアニメの「ワンピース」の大ファンなので、海賊になりきって楽しんでました☆

息子 楽しそう

 

海の上には「秘密基地」が浮いてるので、ここでものんびり出来ます。

秘密基地

 

 

マーボ
マーボ

息子にとっては、秘密基地っていうか「宝島」って感じで遊んでました。

 

 

このボートは予想よりも進むので、漕ぐのはそんなに疲れません。でも潮の流れに注意しとかないと沖に流される事も……。

全てのワークショップで、しっかり職員さんが見ていてくれるので、もし沖に流されても、すぐに船を出してくれます。大丈夫ですよ☆

 

この後は自由時間だったので、息子と妻「海で海水浴」

自分は晩御飯の「魚釣り」なんかをしました。

※魚はギリギリ人数分3匹釣れました(小さいけど)

田島 釣り

魚

 

人生初体験「ドラム缶風呂」

 

この田島のキャンプ場には「ドラム缶風呂」があります。なので、暗くなる前に入ってきましたよ~。

 

まずは、1人がドラム缶の中に「海水」を汲んで入れる。

田島ドラム缶風呂3

 

あとの2人が、ドラム缶風呂がある裏の林から、小枝や薪になりそうな木を集めてくる。

そんで、ワークショップで教わった「メタルマッチ」を使って火をつける!

ドラム缶風呂 2

 

後は、お湯になるまで薪をくべ続けて、火をガンガンおこしていくだけです。

 

 

風呂の水が「海水」なので、当然海藻も浮いています。お湯の色は褐色っぽい感じ。

 

息子は嫌がるかな~って思ったけど、全く平気みたいで、むしろ自ら入りたがってました。

ドラム缶風呂

 

 

マーボ
マーボ

お湯が「うまい」と何回も舐めてました。頼もしいヤツ……。

 

 

海水なので、ベタつくんじゃないの?って思ってましたが、全くべたつきません!やっぱ海が綺麗だからでしょうね。

 

ちなみに、ドラム缶風呂の周りには、更衣室的な物はないので、パンツは履いたまま入りました。

※予約しとけば、真水の「五右衛門風呂」も有りますよ↓↓

五右衛門風呂

脱衣所もしっかりあります↓↓

五右衛門風呂 脱衣所

 

晩御飯はBBQ

晩御飯の準備で、まずはカマドづくりから。

その辺に落ちてる、使えそうな石を拾ってきてカマドを作っていきます。

んで、カマドが出来たら「BBQ」開始です!

田島夕食

 

マーボ
マーボ

ビールがうめぇぇぇ!

 

 

さっき釣った魚も丸ごと焼いて食べました。

BBQ

 

息子も大満足!

晩飯後には「花火」もしましたよ。海ほたるも見れるみたいだったので、見に行きました。

田島 花火

 

無人島の日が暮れるのは早い!あっという間に真っ暗になります。

しかし、周りに自分たち以外の、参加者の人たちが沢山いるので、怖い感じは全くなかったですよ。

周り

 

翌朝は島を探検

 

探検

 

次の日は、島の探検をしました。

歩いて1周30~40分ぐらいです。

なぞなぞ?なのかな?島を楽しく探検できる的な仕掛けもありましたね。

なぞなぞ

 

展望台発見!!

田島 展望台

 

「ターザンロープ」を発見!秘密基地も有りましたよ!

※小学生以下は体験出来なかったので、今回はスルーしました。

ターザンロープ

木の上に「ツリーハウス」も有りました!

ツリーハウスってワクワクしますよね☆息子も大満足!

ツリーハウス

 

田島キャンプで気をつけないといけない事

水道が無いから、飲料水は持参

1人2リットル位あると安心なので、しっかり準備していきましょう。

ウチではこれを使ってます↓↓

水

本気で魚を釣りたい人は、釣り竿・エサは持参すべし

ワークショップで借りれる「竹の釣り竿・仕掛け」もあるけど、

これで魚を釣るのは難しいと思う……。

「雰囲気を楽しむ☆」って人なら十分楽しめると思うけど

「本気で、晩御飯のおかずを狙いに来ました!」って人は「my釣り竿&エサ」は必須です。

 

懐中電灯・ランタンは必須

無人島なので、もちろん街灯なんてもんは有りません!

日が暮れたら真っ暗になります。

夜中にトイレに行く時や、テントの中で過ごすときには「懐中電灯・ランタン」は必要です。

※有料(500円)で電気ランタンがレンタル出来ます。

 

食材は持参

 

亀浦港の近くにはコンビニは割と沢山あるんだけど、スーパーは少ないので、注意が必要です。

「スーパーウエストかめだけ店」が最寄りのスーパーですかね。亀浦港から車で10分かかります。

スーパー

住所:〒851-3305 長崎県西海市西彼町喰場郷89-1

電話:0959-29-5290

 

それと、キャンプとは関係ないけど、亀浦港の周辺には

「レストラン的」な食事をする施設も少なく、昼時にはすぐに満席になり待つこともあります……。

 

無料のレンタル品を活用して、荷物を少なく

 

田島のキャンプ場は「無料のレンタル品」が充実しているので、積極的にレンタルして、少しでも荷物を減らしましょう。

船に積み込める荷物にも限りがあるし、運ぶのが大変です。

 

マーボ
マーボ

「テント」とか大物は有料ですが、レンタルした方がいいかもです!

 

 

無料のレンタル品はこんな感じ↓↓

 

 

無人島キャンプ最高でした

息子寝顔

 

 

1泊2日の短い時間でしたが、とっても内容の濃ゆい体験が出来ました。

息子も、ここでの出来事はかなり印象に残っているみたいで、家に帰って来てからも

田島で体験した思い出を、楽しそうに話してました。

 

マーボ
マーボ

大人にとっても初体験が多くて、思い出に残る2日間でした!

 

 

この後は、亀浦港の近くにある「温泉」に入りに行って、「バイオパーク」で遊んでから帰りました。

 

大満足の2日間で、とってもいい思い出になりました!また、利用したいとおもいます!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2019 All Rights Reserved.