大分県にある由布岳(ゆふだけ)登山で御鉢巡りしてきた!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

 

最近キャンプデビューした初心者キャンパーのマーボです。

 

この前三月終わりの、天気のいい晴れた日に、由布岳に行って御鉢(おはち)巡りしてきました!

冬から春への、季節の移り変わりを肌で感じてきました!

 

出発準備

 

 

由布岳 登山口

まずは、由布岳登山口の向かい側にある駐車場に車を停めました。

 

由布岳 トイレ

 

 

トイレが綺麗に作り変えてありました!

 

しかし…

由布岳 トイレ

 

 

期間限定で閉鎖してあり、使えませんでした。

 

 

仮設トイレ

安心してください!

すぐ近くに仮設のトイレが設置されていました。

 

登山開始

由布岳 登山口

 

登山口ですでに、標高780mあります。

では、ここから登っていきます!

 

 

由布岳 登山道

緩やかな上り坂が続きます。下は土なので歩きやすいです。まだまだ楽々(笑)

 

 

由布岳 正面

正面に由布岳が見えます。九州の山の中でも、綺麗な形の山だと思います!

天気も良くていい感じです!

由布岳 分かれ道

 

 

由布岳 分かれ道

突き当りに分かれ道があります。合野越の方に進みます。

 

 

トイレ

すぐ近くにトイレがあります。

トイレ 内部

 

 

トイレ 内部

昔ながらのレトロなトイレです。使うのには勇気がいる感じ……。

 

 

由布岳 登山道

ここから緩やかな登りの、ちょっとした岩場を登って行きます!まだまだ楽々(笑)

 

 

由布岳 柵

登山道に沿って、手作りの柵が設置してあります。これも目印になりますね!

 

 

由布岳 登山道

積み石(ケルン)も所々にあるので、これを目印に登っていきましょう!

 

 

 

道幅が少し狭くなってきます。

左側は木が横倒しになっていました。

 

 

由布岳 登山道

どんどん進んでいきます!

由布岳 休憩する椅子

 

 

休憩できる椅子が設置してありました。

由布岳 看板

 

 

由布岳 登山道

松の木が多くなってきました。

冬は、落ち葉が多いので、すべらないように気を付けましょう!

由布岳 登山道

 

 

開けた場所にでました。

 

 

由布岳 看板

もう一つの登山口、由布西登山口とはここで合流します。少し疲れてきました。

 

 

由布岳 看板

看板があるので矢印の方に進んでいきます!

 

 

看板

しっかりと管理された山なので、看板などもあちこちにあります。

 

 

由布岳 登山道

緑のある道になります。登りも緩やかで歩きやすいです。

ここから景色が少し変わってきます。

由布岳 登山道

 

 

緑のトンネルがありました!

 

 

由布岳 登山道

ここからは、同じような道をくねくね進みます。このくねくね道が変化が少なく長く感じます。

 

 

いい景色

くねくねの途中で、由布市内が一望出来ます。

 

 

由布岳 登山道

山頂を見てみるとなんかいい感じ!

白くなってます!

 

 

 

由布岳 樹氷

樹氷がついてました!

 

 

樹氷

この日は天気が良かったので、キラキラして綺麗でした!

少しずつ溶けて、雨が降ってるみたいになってました。

由布岳 岩場

 

由布岳 岩場

くねくねの道が終わったら、岩場になります!

登りが少しきつくなります。疲れてきたけど頑張りましょう!

 

 

岩場 看板

あともう少しで山頂です!

 

 

由布岳 山頂 近く

山頂近くの、木の枝は、樹氷で真っ白でした!

春や夏に比べると、とても静かで、風が吹くたびに、樹氷がカサカサと鳴って、癒されます。

 

 

由布岳 ラストスパート

ごつごつした岩場があります、ここまで来たらあともう少し!

 

 

分かれ道

岩場の突き当りが西峰と東峰の分かれ道になります。

 

 

由布岳 東峰

分かれ道から見た、東峰!

 

由布岳 西峰

 

 

分かれ道から見た西峰。

今回は西峰に向かいました。

 

 

西峰 看板

すぐに看板があるので、この通りに進みます。

 

 

西峰 登山道

西峰は東峰に比べると、結構急な登りになります。

ロープや鎖ついているので、上手に使って、慎重に登りましょう。

安全第一ですよ!!

 

 

西峰 難所

西峰最大の難所がここです!

この岩肌を登っていきます!

本当に危ない所なので鎖をしっかり握って、慎重にゆっくり登りましょう。

 

 

由布岳 難所

何年か前に撮った写真ですが、岩肌はこんな感じです!

 

 

 

西峰 あと少し

少し進むと、道が狭くなります。

ここまで来れば、西峰はあと少しです!!

 

 

西峰 山頂

無事に西峰の山頂に着きました!

気持ちいい!!疲れも吹き飛びます!!

 

 

振り返り

西峰から見た東峰です。

これから御鉢(おはち)巡りをして、ぐるっと回って奥の方から東峰山頂を目指します!

御鉢 開始

 

 

西峰の奥に進むと、人が一人通れるぐらいの道があります。

ここから御鉢巡り開始です。

 

 

道 凍ってる

開始してすぐの下り坂で、道が凍ってました!

この日はアイゼンを持って行ってなかったので、こけないように慎重に下りました。

 

 

 

 

御鉢 登山道

こんな感じの道を進んでいきます!

 

 

裏 西峰

あの一番高い所から下ってきました!裏から見た西峰です。

目印 看板

 

 

数は少ないけど、看板もあります。迷わないように慎重に!

 

 

東峰 樹氷

樹氷と東峰。

この辺りの樹氷は、しっかり付いていて綺麗でした。

 

 

道案内

このルートを歩いて行きます!

看板

 

 

途中で看板があるので東峰の方に進みます。

 

 

御鉢 登山道

道はこんな感じです。割と狭いです。

 

 

岩場

しっかりした岩場もあります!

この時期、御鉢巡りする人があまり人がいないので、道がわかりずらくなってました。

看板や目印も少ないので、最初にしっかりルートと向かう方向を頭に入れときましょう!

 

もし道に迷っても、落ち着いて、周りをよく見れば、必ず進む道が見つかります!!

 

 

目印

わかりずらいけど、赤い目印(実際には目印はありません)の結構急な登りの道まできたらもう少しで東峰です。

 

 

東峰 山頂

東峰山頂に着きました!!

達成感!!最高!!

 

 

昼ごはん

みんな言ってるけど、山頂で食べるカップラーメンは、本当に美味しいです!

ノンアルのビールはキンキンに冷えていました(笑)

少し休憩して下山しました。

 

 

東峰 登山道

東峰から西峰、東峰の分かれ道までの、下山する道はこんな感じです。

西峰より東峰の方が初めての人は登りやすく、安全だと思います!

 

 

下山 樹氷 ない

下山の時は、樹氷は全部溶けてなくなってました!!

 

感想

 

前に夏に由布岳で、御鉢巡りはしたことがあったのですが、冬の御鉢巡りはその時とは全然違いました!

道がわかりづらくなってて道を探すのが困難になってました。

 

でも、焦らずに周りをよく見て、自分が目指すほうに進んでいけば必ずゴールにたどり着けます!!

 

冬の由布岳は今まででの由布岳登山の中で、一番景色が良かったです!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

所在地 アクセス 駐車場

所在地

 

アクセス JR日豊本線別府駅より亀の井バス湯布院行50分、由布登山口より徒歩すぐ

または、JR久大本線由布院駅から亀の井バスで由布登山口へ15分程度。ですが車で行くのがおすすめです!

駐車場 無料駐車場30台程度 道路を挟んだ向かい側に、有料の駐車場もあります。そこは50台程度料金は500円

 

トイレ

トイレの有無 駐車場に有り

形状 水洗 紙がないので注意してください!

周辺のコンビニ

ローソン湯布院上川店が最後のコンビニです。

装備

冬場はアイゼンがあった方が安心です。

冬場以外は軽登山装備で十分です。

所要時間 難易度

休憩を入れて5時間程度

東峰だけなら初級な感じですが、西峰、御鉢巡りは中級者向け。

周辺施設

湯の坪街道の、お土産屋さんや、金鱗湖などの観光スポットなどがありります。

温泉なども多数あり。

おすすめの温泉は写真撮影はNGの金鱗湖のすぐ横にある下ん湯です!

男女共同の無人お風呂で、入口の前にお金を入れるポールが立ってます!入浴料は200円です。

からぶき屋根の建物がいい感じです!内風呂と露天風呂があります!

 




アウトドア&スポーツ ナチュラム


この記事を書いている人 - WRITER -
福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山に行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

【イラストのインスタやってます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登山好きのDIY野郎 , 2018 All Rights Reserved.